ビヨンセの挑戦、『ライオン・キング』でアフリカンミュージックを世界へ

ビヨンセの挑戦、『ライオン・キング』でアフリカンミュージックを世界へ
ディズニーの新作映画のコンセプトアルバム『ライオン・キング:ザ・ギフト』には、ナイジェリアや南アフリカ、ガーナやカメルーンを代表するシンガーたちが多数参加している。本作は、ビヨンセによる現代アフリカン・ポップへのトリビュートであり、アフリカの音楽シーンの「今」を知る、おすすめの1枚でもある。

イェミ・アラデは風邪気味だった。

最近YouTubeのフォロワーが100万人を突破したナイジェリア生まれのスターは、先月ビヨンセが指揮をとるプロジェクトに参加するためロサンゼルスへと飛んだ。しかし着陸した時、彼女は自分の声がとても歌える状態ではないことに気がついた。「何が起きたのか、さっぱりわからなかった」彼女はそう話す。「話すことが精一杯で、一番低いキーを出すこともできなかったの」

パニックに陥りながらも、彼女はすぐさま回復モードに入った。「体全体の水分補給のために、まずサウナに入ったわ」アラデはそう振り返る。「それからビタミンCを大量に摂った。レモンと生姜でね。まるで漢方医だけど、とにかくあらゆる手を打ちたかったの」。

翌朝にスタジオに到着した頃、彼女は歌声を取り戻していた。「きっとアドレナリンが効いたのね」そう語る彼女は、ビヨンセ名義の新作『ライオン・キング:ザ・ギフト』の2曲に参加している。1994年に大ヒットしたディズニー映画のリメイクのアルバムとなる本作は、アメリカを代表するポップスターによる現代のアフリカン・ポップへのトリビュートでもある。本作にはアラデ以外にも、バーナ・ボーイ、ティワ・サヴェージ、Tekno、ミスター・イージー、ウィズキッド等、ナイジェリアを代表する才能の数々が参加している。ビヨンセが目を向けたのはナイジェリアだけではない。ガーナのShatta Wale、カメルーンのSalatiel、南アフリカのMoonchild SanellyやBusiswa等も名を連ねる本作は、アフリカの現在の音楽シーンを知る上で格好の1枚となっている。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ビヨンセ + Instagram」のおすすめ記事

「ビヨンセ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ビヨンセ + 渡辺直美」のおすすめ記事

「ビヨンセ + 渡辺直美」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マイケル・ジャクソン」のニュース

次に読みたい関連記事「マイケル・ジャクソン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月11日の音楽記事

キーワード一覧

  1. ビヨンセ Instagram
  2. ビヨンセ 渡辺直美

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。