黒フェス2019レポ 松崎しげるが豊洲PITを黒き熱気に染める

黒フェス2019レポ 松崎しげるが豊洲PITを黒き熱気に染める
松崎しげるが2015年より主催しているエンターテイメント音楽フェス〈黒フェス2019~白黒歌合戦~〉が、9月6日の「松崎しげるの日」に、東京・豊洲PITで開催された。

豊洲PITの場外エリアでは、毎年出店されるたいめいけんなどの飲食ブースの出店や、アメフラっシ、寺嶋由芙、IRabBitsらのミニライヴなどが行われ、開場前から多くの人が詰めかけた。

ウェルカムアクトとしてステージにまず登場したのは、竜馬四重奏。4人が和洋折衷な音色を響きわたらせると、続いて司会の伊津野亮と中村葵が登場。”King of Black”として呼び込んだ松崎しげる、そして本イベントの出演者全員が登場して開会宣言がなされ、満員の会場から大きな歓声が起こった。

黒フェス2019レポ 松崎しげるが豊洲PITを黒き熱気に染める


トップバッターを務めたのは、ソロになってから初のフェス参戦だという渡辺美優紀。「皆さん、たくさん盛り上がりましょー!」と煽ると、「MilkyLand」、「Milky way」をキュートなダンスとともに披露。「みなさんの熱気がすごくて、楽しいです!」というMCの後、「Perfect Girl」で会場の一体感が高まっていった。

黒フェス2019レポ 松崎しげるが豊洲PITを黒き熱気に染める


続いて登場したのは、東京ゲゲゲイ。ポップな新曲「日本アゲゲイ」で会場を盛り上げると、そこから一転「捧げたい」、「Sense of immorality」と表現力あふれるパフォーマンスへ。指定席の観客も思わず立ち上がりダンスに見入っていた。

黒フェス2019レポ 松崎しげるが豊洲PITを黒き熱気に染める


純烈は「星降る街角」からライヴがスタート。MCでは、今年1月のメンバー脱退をも笑いのエネルギーに変え、しっかりと会場を盛り上げる4人。「Propose」では、酒井一圭、小田井涼平が客席までおりていき、1人1人と握手を交わすという場面も。最後は、DA PUMPのTOMOに考えてもらったという「

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年9月12日の音楽記事

次に読みたい関連記事「綾小路翔」のニュース

次に読みたい関連記事「綾小路翔」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢沢永吉」のニュース

次に読みたい関連記事「矢沢永吉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュース

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。