ディープフェイクで狙われるK-POPのスター達

ディープフェイクで狙われるK-POPのスター達
動画のデジタル加工の一種「ディープフェイク(動画の人物の顔を別の個人の顔とすげかえる技術)」といえば、特に2020年の大統領選を控えた今、この技術によりフェイクニュースが蔓延し、選挙に支障が出るかもしれない、という話題が大半だ。だが、ディープフェイクの検知や監視を行うサイバーセキュリティ会社Deeptrace Labs社の最新調査によると、ディープフェイクによる最大の脅威は政治とはほとんど関係がなく、むしろ世界中の女性たちが危機にさらされているという。

10月頭に発表された調査によると、インターネット上のディープフェイクの大多数――約96%――が同意のないポルノ映像で使用されているという。つまり、本人の同意なく、勝手にその被害女性によく似た人の画像がポルノに使われているのだ。さらに調査では、具体的にどんな人物がそうしたコンテンツにもっとも頻繁に取り上げられているかにも注目している。こうしたポルノ的ディープフェイクの被写体の大半(41%)はイギリスまたはアメリカの女優であるものの、標的にされた女性の1/4(25%)は韓国系で、調査では韓国のミュージシャンまたはK-POPシンガーに分類されている(調査では個人のプライバシーを考慮して、ディープフェイクポルノに頻繁に取り上げられている人物の名前はあえて公表していない)。

K-POPミュージシャンがこれほど多いということは、ディープフェイクがますます「世界的に」拡大していることを物語っている、とDeeptrace Labs社の調査分析主任、ヘンリー・アジュデル氏は言う。たしかに、Deeptrace Labs社のCEOジョルジオ・パトリーニ氏も7月にTwitterで、AIでもK-POPのディープフェイクは「初期の傾向」として長く現れており、ディープフェイクポルノだけとは限らないにしても、最も頻繁に使われているという。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年10月17日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら