音楽評論家の田中宗一郎が論じる、「ジャンルのクロスオーバーの果てにポップが辿り着いた均質化」とは?

音楽評論家の田中宗一郎が論じる、「ジャンルのクロスオーバーの果てにポップが辿り着いた均質化」とは?
音楽評論家の田中宗一郎と映画・音楽ジャーナリストの宇野維正が旬なポップカルチャーの話題を縦横無尽に語りまくる、音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan」の人気連載「POP RULES THE WORLD」。

2019年6月25日発売号の対談では、テイラー・スウィフトやケイティ・ペリーといった2010年代を代表するビッグネームや、ロザリアやホールジーといったライジングスターが挙って発表した新曲を分析し、近年のフィメール・ポップは均質化の傾向にあると田中が論じている。

田中:ロザリアの「Aute Cuture」は、もはやフラメンコのリズムがグローバル・ポップの一要素になったっていう証明みたいな1曲。でも最近思うのは、ラテン系のリズムも含めて、新たなサウンドがすぐにEDMにもポップにもラップにも取り込まれて、それぞれに区別がつかなくなりつつあるってこと。それと、ホールジーとかケイティ・ペリーとかの新曲も、言ってみればサウンド面での新しい提示は特にない。ここ3年に起こったことが何もなかったかのようなテイラー・スウィフトの「ME!」もそう。カーリー・レイ・ジェプセンのアルバムも80年代エレ・ポップ的な彼女自身のシグネチャー・サウンドが時代の均質化に飲み込まれてしまったような作品でさ。相変わらず歌詞は最高だし、日本のシティ・ポップみたいな和声と構成の曲もあったりして、すごくいいんだけど。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。