バトルスが塗り替えた21世紀の音楽シーン、「2人」になったバンドの復活劇

バトルスが塗り替えた21世紀の音楽シーン、「2人」になったバンドの復活劇
最新アルバム『Juice B Crypts』をリリースしたばかりのバトルスが、平沢進+会人(EJIN)をゲストに迎え、11月4日より来日ツアーを行う(全公演完売)。21世紀の音楽シーンに革命を起こした4人組も、メンバー脱退を経て、2019年現在では2人体制に。しかし彼らは、逆境にもめげず新たなピークを迎えようとしている。その数奇な歩みを掘り下げるべく、オルタナティブ・ミュージック全般に詳しいライターの天井潤之介に話を伺った。

─バトルスは2002年にNYで結成されたあと、まだ無名の頃から日本で紹介されてましたよね。

天井:そうですね。Warzawaやsome of usに通っていたら、小林さん(※)が異様に推してたんですよ(笑)。最初に聴いたのはミックスCD。CD-Rのペラいスリーブケースで、その後に出るEPの曲と一緒にDJのコールが入ってて。

※小林英樹:吉祥寺Warzawa店員、Warzawa渋谷店店長を経て、Warzawa渋谷店撤退後は同じ場所で個人経営のレコードショップsome of usを経営。同店を閉店後、2008年に54-71のメンバーと共にレーベル「Contrarede」を設立。

─そんなの出てたんですか。

天井:彼らは2004年に初来日する前から、「なんか凄いバンドが来るらしい」と評判になってたんですよ。「でも音源はまだないんだよね」とか話してたところに、小林さんが「こんなのあるよ」ってCD-Rを教えてくれたんだったかな。でも、曲はブツブツ途切れるしDJのコールが入ってるし、これだけ聴いてもよくわからんと(笑)。その時点ではまだ、バンドの全体像は掴めなかった。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。