「世界」という「近所」に乗り出す、星野源の2019年が意味するもの

「世界」という「近所」に乗り出す、星野源の2019年が意味するもの
国内外の豪華アーティストとコラボした新作EP『Same Thing』が大ヒットを記録中の星野源。11月23日からは念願のワールドツアーもスタート。新たな境地へと向かう星野の2019年ここまでを、初の著書『リズムから考えるJ-POP史』を刊行した気鋭のライター/批評家・imdkmが考察。

初々しさが剥き出しになった『Same Thing』

10月14日に星野源がリリースしたEP『Same Thing』は、これまでの活動のなかでも意表を突く一作だった。なにしろいままで試みてこなかったコラボレーションに乗り出したのだ。それもあって、同作は星野がアルバムごとに築いてきた円熟味を一度リセットしてしまったかのような初々しさに満ちている。スーパーオーガニズム、PUNPEE、トム・ミッシュ。それぞれのコラボレーターに思い切って身を任せ、相手の色に染まるのを楽しんでいる様子が思い浮かぶ。

もし3曲だけ並べていたら、星野源の作品としてまとめるにはちょっと難しかったかもしれない。スーパーオーガニズムのお家芸といえる大胆なエディット、PUNPEEのオフビートなフロウを踏まえたラップ、トム・ミッシュのチル感覚……等々、各々のサウンドが持つキャラクターに「あえて抗わない」星野源の力の抜け方が面白い。

しかし、シメにシンプルな弾き語りの「私」がおかれることで、一種の所信表明としてのまとまりが感じられるようになっている。いわば『POP VIRUS』までのキャリアをいちど脇においての仕切り直し。それがこのような肩の力の抜け方で届くことに意義がある。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事をもっと見る

「星野源 + 映画」のおすすめ記事

「星野源 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福山雅治」のニュース

次に読みたい関連記事「福山雅治」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月15日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 星野源 twitter
  2. 星野源 ドラえもん
  3. 星野源 ドラマ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。