中島みゆきを手がけるプロデューサー、瀬尾一三が語る『CONTRALTO』
拡大する(全1枚)
音楽評論家・田家秀樹がDJを務め、FM COCOLOにて毎週月曜日21時より1時間に渡り放送されているラジオ番組「J-POP LEGEND FORUM」。

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年1月の特集は、「瀬尾一三2020」。去年、音楽活動50周年を迎えた70年代以降の日本の新しい音楽のプロデューサー、アレンジャーの先駆けである彼の作品集の全曲紹介と中島みゆき43枚目のアルバム『CONTRALTO』を特集していく。1週目の今回と来週は、中島みゆきのアルバムをピックアップ。

田家秀樹(以下、田家):あけましておめでとうございます。新年いかがお過ごしでしょうか。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、中島みゆきさんの「終り初物」(TV-MIX)。Instrumentalですね。1月8日(水)に発売になります43枚目のアルバム『CONTRALTO』からお聴きいただいております。今日の前テーマはこの曲です。Instrumentalで始めたのは過去何回あったかな。ほとんどないですよね。でも、新年ですからね。こういう方が気持ちが改まるので、この曲から始めております。

今月2020年1月の特集は、「瀬尾一三2020」。プロデューサー、アレンジャー、作曲家、音楽監督、シンガーソングライター。中島みゆきさんを手掛けるようになって32年です。それ以前、70年代に彼にお世話になっていないアーティストはいないでしょう。アレンジャー、プロデューサーのパイオニア。去年、音楽活動50周年を迎えました。そして、1月8日(水)に中島みゆきさんの最新アルバム『CONTRALTO』が出ます。さらに、同じ日に瀬尾さんが手掛けた曲を集めたコンピレーションアルバム『時代を作った名曲たち~瀬尾一三作品集3 SUPER digest~』が出ます。シリーズ3作目ですよ。こういうコンピレーションが3作出るのは、本当に異例です。中でもアーティスト本人ではないアレンジャー、プロデューサーの作品集はレアということで。今月は、中島みゆきさんのアルバムと、この瀬尾さんの作品集の全曲をご紹介しようと思っております。今週と来週は、中島みゆきさんのアルバムの特集です。