LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」

LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」
拡大する(全8枚)
TVアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ「紅蓮華」が大ヒットを記録し、2019年末に「第70回NHK紅白歌合戦」初出場を果たしたLiSA。2011年にソロデビューし、『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』など数々の人気作品で主題歌を担当。ロックフェスでもその名を轟かせてきた彼女に、自身とシーンの2010年代を語ってもらった。

ソロデビューから10年目までの歩み

ー2011年にソロデビューしてから現在まで、LiSAさんの10年は「進化」の連続だったと思うんですよね。疾走感のあるキャッチーなポップロック、重厚かつドラマティックなロックなど、進化前の姿をどこかに残しつつパワーアップしてきたというか。

LiSA:私は(LiSAとして)デビューする前から、自分のなかでずっと好きな音楽があるんですよね。そこからアニメと寄り添い、お客さんたちと楽しみながら、「これを楽しんでくれるんだ。じゃあ、次はこういう味でどう?」っていうふうに、自分の好きな音楽を少しずつ色濃くして、味を足してきた感じがします。

ー改めて全タイトルを聴き直してきたんですけど、サウンドの振れ幅は広いのに、どの作品にもLiSAさんの遺伝子がしっかり感じられたんですよ。

LiSA:自分自身はバンドの音楽がすごく好きで、そういう生き方を夢見てきたんですけど、結果的に受け入れてもらったのはソロとしての私だった。そのことが自分の個性に繋がっていると思っていて。表向きは白だけど、反対を向いたら赤、みたいな感じでいろんなカラーを出せるし、いろんな人と交わることもできる。それがソロの醍醐味ですよね。そういう意味で、好きな人たちと関わりながら音楽を作らせてもらったのはありがたかったです。

この記事の画像

「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像1 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像2 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像3 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像4
「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像5 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像6 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像7 「LiSAが語る2010年代「10年貫いてきたからこそ、仲間に入れてもらえた」」の画像8

当時の記事を読む

LiSAのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「LiSA」に関する記事

「LiSA」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LiSA」の記事

次に読みたい「LiSA」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク