NCT 127が語る野望「メンバーが一緒になって生まれるシナジーは最高さ」

NCT 127が語る野望「メンバーが一緒になって生まれるシナジーは最高さ」
K-POPグループ、NCT 127「Kick It」のミュージックビデオでは、EDMとトラップがぶつかり合ったかのようなトラックに合わせて、メンバー全員が飛び跳ね、カンフー風の振り付けを繰り広げる(「Bass kick swingin like Im Bruce Lee」という歌詞もある)。

数多くの”NCTzen”(エンシチズンと発音)がこの9人組のボーイズグループに夢中になる理由は容易に理解できる。彼らが結成されたのは4年前で、最初は韓国のスーパーグループNCTの派生ユニットだった。

ドヨン、ヘチャン、ジェヒョン、ジョニー、ジョンウ、マーク、テイル、テヨン、ユウタは滑らかな動きと複雑な振り付けを炸裂させる。その上、彼らは歌い、ラップする(ハーモニーも)。NCT 127が現在のK-POPシーンで最も人気を博し、最も敬愛されるグループというのは当然のことだろう。

2枚目のフルレングス・アルバムでNCT 127の新たな章が始まる。この作品のタイトルは『The 2nd Album NCT #127 Neo Zone』。冒頭で紹介した「Kick It」は先行シングルだ。

境目をまったく感じさせないほど滑らかに異なるジャンルの間を颯爽と行き来する彼らは、それと同時に多彩なサウンドを用いて果敢に実験を続ける。これこそが彼らを同世代の他グループと隔てる理由だ。レパートリーを増やすことに熱心な彼らは、新作『Neo Zone』でザ・ステレオタイプス(ジャスティン・ビーバー、ブルーノ・マーズ)、最近レコーディング・アカデミー会長に指名されたハーヴィー・メイソン・ジュニアなどのプロデューサーを起用し、ソングライターとして「マイン」のバージィ、パトリック・”

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。