音楽業界の救世主となるか? コロナによって勢いを増すライブ配信事業

       
さらにアリーゴ氏は、新しいデジタルライブイベントの立ち上げをサポートするため、大手コンサートプロモーターと協議中だと語る。アリーゴ氏いはく、これはアーティストがそろってライブ配信という解決策をとるまでの移行的措置なのだ。「もちろん、いままでにないくらい関心度は高まっていますが、現時点ではアーティストとファンを支援できる規模のサービスに集中しています」と同氏は述べた。「音楽業界が失った収入を取り戻し、復興できるよう、少しでもプラスの影響を与えられることを期待していますが、それ以上に孤立感が増す状況下において人と人をつなぐ手段を提供したいと思っています……一夜にして可能なことではありません——明日になると誰もがバーチャルコンサートを実施できるというわけではないのですが」。

ライブ配信事業者のなかには、ツアーの代替手段を模索するアーティストの数にただただ驚く者もいる。こうした高需要に応えるため、できるだけのことをしたいというのが本音だ。コンサートを有料でライブ配信するStageitの創設者・CEOのエヴァン・ローウェンスタイン氏は、大手コンサート会場でのライブというよりは地下室でのライブに近い、と自社のサービスについて語る。Stageitのアーティストのほとんどは、自宅からコンサートを配信しているのだ。Stageitのサービスが実際に観客の前で行う音楽イベントの代替手段になるとは考えもしなかったとローウェンスタイン氏は言うが、ライブ配信がアーティストにとっての選択肢である以上は、万人のためのサービスでありたいと語る。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。