NYパンク・ファッションを牽引した、カリスマ店員ジミー・ウェッブが62歳で逝去

NYパンク・ファッションを牽引した、カリスマ店員ジミー・ウェッブが62歳で逝去
ニューヨークにある有名なパンク・ロック系のセレクトショップ「トラッシュ&ボードビル」にて、ロックンロールファッションを牽引した、カリスマ店員でありスタイリストのジミー・ウェッブが62歳で他界した。

ニューヨークにある有名なパンク・ロック系のセレクトショップ「トラッシュ&ボードビル」の店長兼バイヤーだったジミー・ウェッブ。のちに自身が経営するショップI NEED MOREを開店したファッショニスタの彼が、米現地時間4月14日の朝に62歳でこの世を去った。ウェッブの友人ハート・モンタルバーノがローリングストーン誌にウェッブの死を認め、死因はがんだったことも教えてくれた。

ウェッブ自身はミュージシャンではないものの、ショップの顧客だったイギー・ポップ、ガンズ・アンド・ローゼスのダフ・マッケイガン、ジョーン・ジェット、ブロンディのデボラ・ハリーとクリス・スタインなどのロック界の人気者と親交を深め、彼らに頼りにされていた。ウェッブの死が公表されると、きらびやかな人生を送ったウェッブに対して、錚々たるミュージシャンが次から次へと哀悼の意を表した。

デボラ・ハリーは、ローリングストーン誌に「みんな、素敵な友人ジミー・ウェッブを恋しがるでしょう。ニューヨークのユニークで愛おしいキャラクターが一人いなくなってしまったわ。彼と知り合えた私はラッキーね」と、コメントを寄せてくれた。

「ジミー・ウェッブは最高の友だちだった」で始まる文章を投稿したのはセバスチャン・バック。彼の投稿は「1987年から2011年まで履いたキューバンヒールのブーツは全部トラッシュ&ボードビルでジミーから買ったものだ。ブラザー、安らかに眠ってくれ。あんたがいなくなって寂しいよ。あんたは本物のロックンロールの時代を生きた男だった」と続いた。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。