トム・ミッシュの新境地に学ぶ、「共作」の醍醐味と広がる可能性

トム・ミッシュの新境地に学ぶ、「共作」の醍醐味と広がる可能性
2018年のデビューアルバム『Geography』の大ヒットや星野源とのコラボなどを通じて、ここ日本でも大ブレイクを果たしたトム・ミッシュ。2年ぶりの最新アルバム『What Kinda Music』は気鋭のジャズドラマー、ユセフ・デイズとのコラボ作となった。同じ南東ロンドン出身でありながら、異なる音楽的背景を持つ2人の「共作」はどのような成果を上げたのか。今作の日本盤ライナーノーツを執筆した、ジャズ評論家の柳樂光隆に解説してもらった。

●写真3点を見る

ーこれまでのトム・ミッシュについては、どんな印象を抱いてますか。

柳樂:最初に聞いたのは『Beat Tape 1』(2014年)とか『2』(2016年)。耳障りの良いプレイリストを作ろうと思って、音源を探してたときに偶然見つけて。ローファイ・ヒップホップ……当時はそういう呼び方はなかったから、ジャズネタのヒップホップだと思って聴いてた。そのあと、2018年にデビューアルバムの『Geography』を聴いて、そこでだいぶイメージが変わったかな。

ーというと?

柳樂:『Beat Tape』の頃はビートメイカー然としてたけど、『Geography』ではそこに留まらず、もっといろんなアプローチをしてたじゃん。打ち込み、歌、演奏と何でもやりながら。

ートムは4歳からバイオリンを弾くようになり、10代で音楽制作を始めて、名門のトリニティ・ラヴァン音楽院でギターを学んでいる。ミュージシャンとして早熟だし、しっかり勉強もしていて、歌声もクールで味があるという。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事

「星野源 + 新垣結衣」のおすすめ記事をもっと見る

「星野源 + ライブ」のおすすめ記事

「星野源 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月26日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 星野源 twitter
  2. 星野源 ドラえもん
  3. 星野源 ドラマ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。