亜無亜危異、デビュー40周年で取り戻したパンクの初期衝動「ようやくピストルズに勝ちに行ける」

亜無亜危異、デビュー40周年で取り戻したパンクの初期衝動「ようやくピストルズに勝ちに行ける」
最新アルバム『パンク修理』を5月27日にリリースした亜無亜危異(アナーキー)の仲野茂、藤沼伸一、寺岡信芳、小林高夫にZoomでインタビュー。日本パンクロック界の生きる伝説が、現在の心境を語る。

亜無亜危異(アナーキー)がデビューしたのは1980年2月のこと。電化したRCサクセションが同年4月に久保講堂でワンマンをやって6月にその実況録音盤『RHAPSODY』を出し、11月にはザ・ルースターズもデビューしている。

個人的なことを少しだけ記しておくと、筆者は1stアルバム『アナーキー』を発売直後に買って激しく入れ込み、内田裕也主催のロックフェスで初めてライブを観たあと、1981年5月の日比谷野音ワンマン、1982年1月の久保講堂ワンマンも観に行くなど、しばらく熱心に追いかけたものだった。1986年にギターのマリ(逸見康成)が事件を起こして逮捕され、残った4人でTHE ROCK BANDと改名して動き始めてからも動向を追い続けたが、やがてメンバーそれぞれの活動が盛んになり、バンドは活動休止状態となった。

1980年、渋谷屋根裏でのライブ映像

その後、1994年と1996年のアナーキー再結成ライブを経て、1997年にはラウドなデジロックへと音楽性を変化させた新生アナーキー(表記はローマ字でANARCHY。ドラムはWRENCHの名越藤丸)として再始動するも、2001年に再び活動休止。ここで完全に歴史に幕を閉じたと思われたが、2013年5月のイベント「MAVERICK KITCHEN」で実に17年ぶりにオリジナルメンバー5人でライブを行ない、そこでは新曲「パンクロックの奴隷」も披露された。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。