結成30周年記念アルバム『CROSS』を昨年リリースし、そのツアーを2020年に始めた矢先にコロナ禍に見舞われ、残りのスケジュールが全て延期。

その一方、4月末にはリモートレコーディングしたシングル「Make a vow」を配信。
さらに5月31日にはLUNA SEAの呼びかけにより、テレワークによる医療従事者・フロントラインワーカーズを支援するフェス『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』を開催する。常に動き続けるLUNA SEAからSUGIZO(Gt, Violin)とINORAN(Gt)がリモート取材に応じてくれた。

―今はどんな生活を送っていますか?

INORAN:去年の12月にLUNA SEAの30周年アルバム『CROSS』をリリースして、そのツアーを今年の2月からスタートした時点で状況が変わってしまって。結局、ツアーは4公演だけやって中止になりました。そこからは、次のツアーのことをいろいろ考えていたんですけど、世界の情勢を考えるとこの先長いだろうなと思い、曲を作りを始めました。主にはソロなんですけど、ずっと作曲してますね。


SUGIZO:LUNA SEAの「Make a vow」を突貫工事で制作し、同時に『ジビエート』という7月放送予定のアニメのオープニングとエンディングテーマ曲の作業などもあり、さらにプロデュースしているVOGUE5という中国の若手バンドのミックスを仕上げたりと、コロナで物事が止まっていても相変わらず忙しくしてます。ただ、いつもに比べて家で映画を観る時間や本を読む時間はある感じです。子どもの時にテレビで観て、断片的にしか覚えてなかった衝撃作があって、せっかくだからそれをこの時期にと思ってブルーレイで観たらすごくよかった。今を予見していたんじゃないかっていう、深作欣二監督の映画『復活の日』。この作品を観ていると、パンデミックがまだこれぐらいの規模で安心できるというか、不思議な感覚になります。

【画像】近況について語ったSUGIZOとINORAN

―コロナ禍の中での曲作り、何か変化はありましたか?

INORAN:”変わること”が変わらないです。
東日本大震災の時もそうだったんですが、悲しいこと、つらいこと、楽しいことがあったら心が動くのと一緒で、僕の曲は状況次第で作るものも変わってくるので。

―Stay Homeをしていて何か気づいたことや感じたことはありましたか?

INORAN:一つ感じたのは、人間には一人ひとりいろんなルーティンがあるなということですね。例えば、朝歯を磨くのもそうだし、僕の仕事で言えばアルバムを出してツアーに行くのもそう。その何気ないルーティンが、楽しいと思えるかって大事なことなんだなと。何気ないところに大切なことが転がっているなと感じました。例えば、僕は少し前から早起きの習慣にしたんですけど、毎朝朝日を見ているんですよ。
それがすごくいい。現代人って自分のキャパいっぱいに何かを詰め込んでしまうでしょ? 特に東京などの都市部で過ごしてると、詰め込むことで常にバックパックがいっぱいになって、その中身の大切さをすっかり忘れてる。でもこのコロナ禍でバックパックを開けて、俺こんなナイフ持っていたんだとか、こんな懐中時計持ってたんだとか、じゃあそれを取り出して磨こうとか、中身に意識が行く。自分の時間を見つめ直すきっかけになったというか。

―時間に追われて”自分”というバックパックに詰めたものを手に取る余裕がなかった。それが変わったということですね。


INORAN:しかも自然とではなく、亡くなられた方や今も闘病されている方がいる、その上での気づきなんです。東日本大震災の時と同じで、生きている僕らがアップデートしていかなきゃいけないと思いました。先日、テニスの錦織圭選手が言ってましたけど、今は「Stay positive」だと。確かにそうだなって思います。巣篭もりしているけど、やれることはすごくいっぱいあるわけで。

リモートレコーディングで制作された新曲「Make a vow」の背景

―ちなみに、INORANさん的にバックパックから取り出してみて意外とこれは良かったなというものはありましたか?

INORAN:さっきも言った太陽が昇ることと、あとは野菜が美味いことです(笑)。
外食できないので食材を買いに行くんですけど、野菜が美味しいし、行くたびに違いが分かるんですよ。例えば大根だと、今週は葉が付いているなとか。値段が下がっていると、これ余ってるんだなとか。で、その一つひとつを大事に育ててくれている人がいる。値段が150円だとして、安い・高いで考える話じゃないというか。そう考えると曲もそうだなと思って。
1曲百数十円で売られてたとしても、安いとか高いとかそういう風に考える話じゃないなと(笑)。

―(笑)。

INORAN:ウチの親父は機械関連の会社のサラリーマンだったんですけど、工業製品って製造したものの95%が完成品で、残り5%は不良品になると言われてるんです。親父は今、畑で作物を育ててるんですけど、5割良ければ御の字だねって言うんですよ。天候の影響もあるから、ヘタしたら半分が不良品になる。でもその半分にポジティブをくれるヒントが隠されてると思います。

―LUNA SEAとしてはリモートレコーディングされたシングル「Make a vow」を配信しましたね。

INORAN:コロナの影響でツアーをどうするというミーティングをリモートで何回もしてたんです。その中でふとRYUICHIから「LUNA SEAは止まってるだけじゃなくて、いつでも動き出せる準備をしとかなきゃいけないし、準備できてるぜっていうのをしっかりファンの人に示したいよね」っていう話が出てきて。「曲を作れないかな?」という話になり、ものの10分ぐらいで作ろうって決まったんです。それがきっかけですね。未発表の曲で何かあった?っていう話になって、SUGIZOが「これがある」って言ったのがこの曲で、そのままSUGIZOが「俺がアレンジするよ」って。そこから始まりました。

―原曲もアレンジもSUGIZOさん?

INORAN:原曲はRYUICHIです。もともとは僕がアレンジしてアルバム『CROSS』に入らかなった曲です。自分は新鮮じゃなくなっちゃうと嫌になっちゃうんで「スギちゃんやって」って言ったら、「じゃあ俺やる」って。

―INORANさんとしてはこの曲にどんな想いを込めましたか?

INORAN:”一緒に生きていこう”ですね。それはバンドの僕らや僕らの仲間もそうだし、ひいては大げさかもしれないけど、今生きている人達と一緒に生きて行こうという想いを伝えたかったです。そしてそれはミュージシャンとしての自分達の役目だと思っています。曲のタイムラインが進んでいくように、僕らもプレイしながら前へ進んでいくって感じでギターを弾きました。

『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』開催の発端

―LUNA SEAとしてはこれ以外に新曲を考えていたりするんですか?

SUGIZO:いや、LUNA SEAとしては考えてないです。本来ならこの時期は新しいアルバムのツアー中ですからね(苦笑)。で、実は自分の次のアルバムの制作期間だったんです。そもそもの予定だと。今月来月はソロアルバムのレコーディングが入ってたんですが、予定していた国内外のミュージシャンとのセッションがすべてできなくなってしまった。なので、進めていたソロの作品は一度延期しました。その代わり急遽方向性を変え、ほぼ自分一人でできる内容のアンビエント的なアルバムを新たに制作しています。パンデミックを終えた後の世界に向けての救済になるような、イメージとしてはポストコロナ、ポストパンデミックです。今秋のリリースを目指しています。

―表現者としては充実の日々を過ごしていらっしゃいますね。

SUGIZO:同時にやっぱりすごくやるせないんです。災害が起きた時、いつも自分が直に力になれる手法があるんです。地震や水害や、または難民キャンプでも、自分が体を動かしてアプローチすることで、少しでも人の助けになっているという実感がありました。今回はそういう意味で言うと、手の出しようがないと言うか、ただ耐えるしかない。ひたすら応援する、お金や物資を寄付する、そういうことしかできない自分の無力感をつくづくと感じています。

―でも傍観しているだけではなく、5月31日にはLUNA SEAがホストを務める特番『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』が無料放送されます。

SUGIZO:4月19日にレディー・ガガのキュレーションで行われたチャリティー・コンサート「One World: Together At Home」が素晴らしくて感銘を受けたんです。今こそミュージシャンが連携を取って一つになっていくべきだと強く思い、「One World」のコンセプトをオマージュした日本版をやりたいと思いました。それとまったく同じタイミングでINORANも同じことを思って、連絡を取り合って進めたんです。実は5月29日からの3日間はもともとLUNA SEAのツアー「CROSS THE UNIVERSE- GRAND FINAL」だったんですよね。31日は生放送で枠を取ってあったのですが、その枠も宙に浮いてしまっていました。そこを使ってLUNA SEAの呼びかけで多様なアーティストに参加してもらうフェス番組をやろうということになったのです。

INORAN:社会の一員として、責任のある立場として、この状況下でできることをSUGIZOと話し合って、いろいろ揉んで模索した結果が『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』です。簡単にいうと、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため尽力している医療従事者やフロントラインワーカーの支援を目的としたTVフェスです。

SUGIZO:このパンデミックはいずれ終わりが来ますし、感染症も必ず収束しますが、そこから経済の大恐慌が始まっていくでしょう。また食料自給率が低い日本では食の危機に直面する可能性もあります。そう考えるとまだまだコロナ禍は先が長く、医療従事者やフロントラインワーカーの方々の手助けがやはり重要だと確信しています。

ーなるほど。

SUGIZO:もう一つ大切なことがあります。ポストパンデミックで新しい価値観・新しい世界が始まる時に重要なのが、今まで以上に僕らが手を取り合うべきということです。僕はミュージシャンなのでアーティストの話をすると、一人のアーティストが強力な力を持って多くのことを中央集権的にやるのではなく、スマートグリッド方式が必要とされていると思うんです。一人ひとりのミュージシャンが手を結んで、できることを分けあって、お互いに協力し合う。それはこの10年ぐらいで音楽の世界では浸透しつつあるんですが、ここにきてその流れがもっと大きく表に出るべきだと思っています。アイデアを出し合って、大人数で一つのものを作るべきです。

日本はその点で、すごく遅れをとっていた気がするんですね。欧米では80年代にLIVE AIDやWe Are The Worldがありました。あれは貧国や弱者の人達への支援から始まったことなので、今回とは状況は違いますが、ミュージシャンが手と手を取り合い連携したという点では類似していると思います。日本では3.11を経て価値観が大きく変わったものの、数ある復興イベント等では参加するミュージシャンの顔ぶれが限れてくるという問題もありました。これから僕も含めたアーティストは活動的に苦しくなることが多いと思います。発表の場も狭まりますし、ライブが以前のような形にいつ戻れるか分からない中、僕らは僕らでやっていかなくてはいけないわけです。それぞれがインディヴィジュアルで悩んでいる場合じゃなくて、手を取り合うべきだと思います。このフェスが、その一つのきっかけ、というか布石になれば本望ですね。

INORAN:フェス用にリモートで演奏してくれたアーティストのライブ映像を生放送でオンエアするんですが、LUNA SEAのメンバーそれぞれが出演者に主旨を説明し、出演を依頼しました。もちろん番組にはLUNA SEAのメンバー全員が出演します。

「音楽家はやるべきことがたくさんある」

―出演者ですが、ELLEGARDEN大黒摩季一青窈、清春、MIYAVI、西川貴教、THE ORAL CIGARETTES、打首獄門同好会などとにかく幅広いですよね。

INORAN:そうですね。カテゴライズがなくて、とても素晴らしいことだと思います。僕もすごく楽しみにしています。ただ、実現にこぎつけるには正直大変でした。でも、みんなの気持ちが背中を押してくれて実現したという感じです。本当に感謝してます。

―数々の逆境をポジティブな答えに変換してきたLUNA SEAらしい企画だなと思います。

INORAN:臭い言い方ですけど、さっきも言った「他人を思う気持ち」ですよね。他人を思うことが音楽を作る糧となっているんです。そう考えると、周りの方がこういう機会を与えてくれたことにも感謝だし、『MUSIC AID FEST』を通じて頑張っている人に勇気を与えたい。勇気を与えられることこそ音楽の力だと思っています。

―INORANさんがお声掛けした出演者は?

INORAN:MIYAVI君、SHOKICHI君、佐藤タイジさん(シアターブルック)、細美武士君(ELLEGARDEN)とか数名声掛けしましたね。

―どんなメッセージが届くのか本当に楽しみです。

INORAN:僕の場合、イベントの主旨と想いをちゃんとリモートで説明したんです。で、話してみると同じ音楽人でもいろんなことが起きてました。声をかけた人の中にはポリープの人もいたり……でも頑張って活動を続けている。出てくれる人の中にも物語があるし、今回は諸事情で出演できない人達にも、いろんな物語があるんだなって。これが今回のコロナ禍で教えてくれた、人を思う気持ちなんだなと思いましたね。

―SUGIZOさんご自身は今、音楽の役割をどんな風に考えていますか?

SUGIZO:例えば震災の時、もしくは難民キャンプや戦火にいる時、明日食えるかどうか分からない、もしくは明日命があるかどうか分からないという生存自体が危険な状況では、音楽を始めとしたあらゆる芸術はまったく意味を持たないと思うんです。それよりも生き抜くこと、食べること、逃げることが大切です。今回の自粛期間のように、基本的に健康ではあるけど、でも人と会っちゃいけません、1カ月移動を制限しないといけません……という状況では真逆で、音楽、映画、芸術、エンターテインメントは人々の心の糧になっているはずなんです。なので、おこがましいですが、こういう時に人々のエネルギーになる音楽、人々の心の栄養となる音楽を作りたいと思いますし、その音楽を届けたいと思っています。そして、だからこそ音楽家はやるべきことがたくさんあるんではないかなと。

お互いを思いやる気持ちと支え合うこと

―最後にこの機会に伝えたいことがあればお願いします。

INORAN:Stay positiveでみんな行こうよと伝えたいですね。そしてその傍らにいられるような音楽をまた僕達も作り続けるつもりです。状況が少し和らいで、ライブができる時期が来たら、また全力でプレイしたいと思うし、その時に会えるとうれしいです。

SUGIZO:健康でいられることや、ご飯が食べれることや、家族や愛している人と一緒にいられること、すなわち普通に生活ができることが、どれだけ奇跡的なことかっていうことですね。皆、それが当たり前になっていて、普通の生活ができることへのありがたみを忘れていたと思うんです。こういう状況なので、当然悲観的にはなります。見えない部分も多いし、正直心が痛むことも多々あります。けどこういう時だからこそ、人に対して優しくいたいし、人と協力し合いたいし、弱っている人には支援をしたいし、仲間同士でちゃんと気持ちを通じ合っていたいですよね。

逆に言うと、残念なこともあります。本当に人間なの?と思ってしまうのが、自粛期間に一人で自宅にいるお年寄りを騙す詐欺などが多発していることです。あるいは命を張って頑張ってくれいる医療従事者への差別も世界中で起こっています。欧米や中東では、アジア人に対する差別もあります。この状況で、人を騙す、人を欺く、そして分断をする、そういう人達がいることが僕には信じられないです。今だから助け合うべきだし、今だから救い合うべきだし、お年寄りのような弱き人々を守るべきです。そんな人から騙してお金を吸い上げるなんて信じられない。それは僕の人としての倫理の回路を飛び越えてしまって、完全に理解不能です。

―同感です。

SUGIZO:こんな時代だからこそ、人としての優しさを忘れたくない。分断を助長したり、人を欺いたり攻撃したりしたくない。ただそれと、時の政権に対して「それは違うでしょう!」と叫ぶのは別です。SNSで政権に対して「おかしいだろ!」と書くと、「お前も分断を煽っているじゃないか」と言う人がいるのですが、それとこれとは違う話です。権力に対して正さなきゃいけないことを物申すのは我々主権者の権利です。差別や詐欺とは全然違う問題です。政権に対してこれ違うんじゃない?と物申すことは、僕は攻撃ではなく社会、国への愛情や優しさだと思うんです。なので、いろいろ言われても自分の行動を変える気はないです。むしろ今だからこそ愛情を最も大切にしたいと思っています。

フジテレビONE / FOD「MUSIC AID FEST. ~FOR POST PANDEMIC~」
2020年5月31日(日)18:00~21:00

出演アーティスト(LUNA SEA 以下 A to Z順)
LUNA SEA、AA=(上田剛士、白川貴善)、BREAKERZ、Char、ELLEGARDEN、EXILE SHOKICHI、FEEDER、GLIM SPANKY、一青窈、清春、倖田來未コムアイ (水曜日のカンパネラ)、9mm Parabellum Bulletlynch.、May J.、miwa、MIYAVI、西川貴教、Nothings Carved In Stone、OAU (MARTIN、TOSHI-LOW)、大黒摩季、SILENT SIREN、TAKURO (GLAY)、シアターブルック、THE ORAL CIGARETTES、辻井伸行、打首獄門同好会

https://www.music-aid-fest.com/
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/live/ser8149/

「Make a vow」
LUNA SEA
各種サブスクリプションにて配信中
https://www.lunasea.jp/