LUNA SEAのSUGIZOとINORANが語る「連帯」と「愛情」

LUNA SEAのSUGIZOとINORANが語る「連帯」と「愛情」
結成30周年記念アルバム『CROSS』を昨年リリースし、そのツアーを2020年に始めた矢先にコロナ禍に見舞われ、残りのスケジュールが全て延期。

その一方、4月末にはリモートレコーディングしたシングル「Make a vow」を配信。さらに5月31日にはLUNA SEAの呼びかけにより、テレワークによる医療従事者・フロントラインワーカーズを支援するフェス『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』を開催する。常に動き続けるLUNA SEAからSUGIZO(Gt, Violin)とINORAN(Gt)がリモート取材に応じてくれた。

―今はどんな生活を送っていますか?

INORAN:去年の12月にLUNA SEAの30周年アルバム『CROSS』をリリースして、そのツアーを今年の2月からスタートした時点で状況が変わってしまって。結局、ツアーは4公演だけやって中止になりました。そこからは、次のツアーのことをいろいろ考えていたんですけど、世界の情勢を考えるとこの先長いだろうなと思い、曲を作りを始めました。主にはソロなんですけど、ずっと作曲してますね。

SUGIZO:LUNA SEAの「Make a vow」を突貫工事で制作し、同時に『ジビエート』という7月放送予定のアニメのオープニングとエンディングテーマ曲の作業などもあり、さらにプロデュースしているVOGUE5という中国の若手バンドのミックスを仕上げたりと、コロナで物事が止まっていても相変わらず忙しくしてます。ただ、いつもに比べて家で映画を観る時間や本を読む時間はある感じです。子どもの時にテレビで観て、断片的にしか覚えてなかった衝撃作があって、せっかくだからそれをこの時期にと思ってブルーレイで観たらすごくよかった。今を予見していたんじゃないかっていう、深作欣二監督の映画『復活の日』。この作品を観ていると、パンデミックがまだこれぐらいの規模で安心できるというか、不思議な感覚になります。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「DragonAsh」のニュース

次に読みたい関連記事「DragonAsh」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シド」のニュース

次に読みたい関連記事「シド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田貴史」のニュース

次に読みたい関連記事「池田貴史」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。