シーアの「踊れるダークネス・ポップ」は2020年、いかに変容したか? 辰巳JUNKが解説

シーアの「踊れるダークネス・ポップ」は2020年、いかに変容したか? 辰巳JUNKが解説
シーア・ケイト・イゾベル・ファーラーは2010年代のポップを征服した存在だ。

1975年オーストラリアに生まれた彼女が世界中から注目を買った契機は、2011年デヴィッド・ゲッタに勝手に歌声をフィーチャーされた「Titanium」、そして翌年リアーナに提供した「Diamonds」だろう。不本意なかたちで一気に脚光を浴びたシーアは、そのままソロ曲「Chandelier」を大ヒットさせたことで自身もポップスターとなった。もちろん、錚々たるスターたちからの楽曲制作依頼も殺到。その証拠に、2016年にはビヨンセやケイティ・ペリーに提供したものの没にされた楽曲をみずから歌う6thアルバム『This Is Acting』をリリースしている。

「踊れるダークネス・ポップ」。シーア・サウンドを表するこの言葉のポイントは、ダークとダンサブルの両立だろう。自身が抱える病や苦しみを表現することで知られるシーアだが、かつてポップソング創作ガイドラインとして「高揚するコーラス不在のサッドソングは扱いが難しい」「大衆が好むのは勝利、勝利のための犠牲、パーティータイム」と語ったことがある。つまり、ダークでヘビーなのに盛り上がって踊れる構造こそヒットの秘訣なのだ。

実例としてわかりやすいのは、パーティー・ハイライトにぴったりな代表曲「Chandelier」だろう。ここでシーアは、自身のドラッグ、アルコール中毒の経験を基にしながら、パーティーガールのデンジャラスで刹那的な遊興を歌い上げている。また、アデルから

あわせて読みたい

リアーナのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「リアーナ + Instagram」のおすすめ記事

「リアーナ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「リアーナ + 映画」のおすすめ記事

「リアーナ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日の音楽記事

キーワード一覧

  1. リアーナ Instagram
  2. リアーナ 映画

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。