全てはエルヴィスから始まった 1956年と1957年のプレスリーを聴く



1954年7月に発売になった「ザッツ・オール・ライト」、「ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー」。エルヴィス・プレスリーがローカル・レーベルのサン・レコードで出した最初のシングルのAB面、そしてサン・レコード最後のシングル「ミステリー・トレイン』でした。『ミステリー・トレイン』は、1989年にジム・ジャームッシュという映画監督が同タイトルの映画を作りました。あの映画は、エルヴィスが住んでいたメンフィスが舞台だったんです。そしてエルヴィスの住んでいたグレイスランドという家も登場しておりました。サン・レコードはメンフィスにあったローカル・レーベルで、R&B系のレコードを作っていたところなんです。エルヴィスは18歳、母親の誕生日に4ドルで自分の歌をプレゼントしようと思った。いわゆるアセテート盤というやつです。それをレコーディングしようと立ち寄ったところで、サン・レコードの社長のサム・フィリップスさんという方がたまたまそのレコードを聴いて、なんだこの若者は! ということで始まりました。「ザッツ・オール・ライト」は、アーサークルダップという黒人の古いブルースです。これはたまたまエルヴィスがスタジオで遊んでいた時に、もう1回やってみろ、ということでレコードした曲なんです。曲調はカントリーですけど、歌っている原曲はブルースなんです。これが、エルヴィスが開いた新しい扉ですね。そして、『ミステリー・トレイン』が出た後に『ハートブレイク・ホテル』をRCAレコードから発売、相手が全世界になっていったというヒストリーですね。続いては、1956年の3曲をお聴きいただきます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク