indigo la Endが語る10年目の現在地「やっぱり椅子はひとつしかない」

indigo la Endが語る10年目の現在地「やっぱり椅子はひとつしかない」
拡大する(全3枚)
8月8日、indigo la Endが結成10周年を記念した野外ライブ『indigo la End 10th Anniversary Visionary Open-air Live「ナツヨノマジック」』を開催した。

無観客で行われ、CSで生中継された後に配信もされたこのライブは、今年発表された「チューリップ」や「夜漁り」のミュージックビデオも手掛ける映像ディレクターの大久保拓朗が演出を担当し、ライティングやVJを駆使して映画のような世界観を展開。クライマックスとなった「夏夜のマジック」では〈打ち上がった花火を見て笑った 君を思い出したよ〉という歌詞通り、大輪の花火が何十発と打ち上げられて、華々しいクライマックスを作り上げた。

アンコールではフュージョン感たっぷりのシンセをフィーチャーした新曲「夜風とハヤブサ」が初披露され、その数時間後には配信もスタート。すでにタイトルがアナウンスされているアルバム『夜行秘密』のリリースに向けて動いている川谷絵音(Vo, Gt)、長田カーティス(Gt)、後鳥亮介 (Ba)、佐藤栄太郎(Dr)の4人に、結成10年目の現在地について話を聞いた(取材はライブ前の7月30日)。

―6月にリリースされた「夜漁り」は、オンラインミックスでかなり苦労したとか。

長田:8時間くらいかかったよね(笑)。

後鳥:迷走したね(笑)。

川谷:聴いてる環境によって音質が違っちゃうから、さんざんやった挙句「無理だ」ってなって、最終的にはスタジオに行って確認しました。コロナじゃなかったら、このやり方はやってなかったと思うんですけど、この曲は特にミックスが難しい曲だったんですよ。サビでハットを開いてるんですけど、そのハットの音とヴォーカルの帯域が結構被っちゃって、弦もわりと高いところにいて。なので、ヴォーカルを録り直して、ダブルにして、開くようにしたりとか、かなり試行錯誤をしました。

この記事の画像

「indigo la Endが語る10年目の現在地「やっぱり椅子はひとつしかない」」の画像1 「indigo la Endが語る10年目の現在地「やっぱり椅子はひとつしかない」」の画像2 「indigo la Endが語る10年目の現在地「やっぱり椅子はひとつしかない」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク