真心ブラザーズが語る、デビュー32年目にして極めた自然体

真心ブラザーズが語る、デビュー32年目にして極めた自然体
拡大する(全3枚)
真心ブラザーズが17枚目のオリジナル作品となるニューアルバム『Cheer』を10月14日にリリースする。

ここ数年は『FLOW ON THE CLOUD』、『INNER VOICE』とルーツロックへの探求心を感じさせる作品が続き、2019年には豪華ゲストを迎えたセルフカバーアルバム『トランタン』で結成30周年を祝った彼ら。マイペースで活動を続けるナイスミドルなベテラン・ミュージシャン…… になっていくのかと思いきや! 新作では、初登場で心の大ヒットナンバー第1位獲得まちがいなしの「炎」、真心マナーで2020年の世の中にメッセージする「不良」、「こんぷろマインズ」等々、これぞ真心節という珠玉の名曲たちがキラキラ、生き生きと並んでいる。YO-KINGが大きな声で歌い、桜井秀俊はギターを弾きまくる。もやもやした日常を晴れやかに、ご機嫌にしてくれる今作について、お2人に話を訊いた。

ー最新アルバム『Cheer』を何度も聴かせてもらいました。デビュー32年目にしてまた1つ名盤が生まれた! という感じじゃないですか。

桜井:はい、手前ながら実際そう思います。

YO-KING:僕はいつも通りかなあ(笑)。いつも通り良いものができたっていう感じで。ちょっと数年経たないと自己評価はわからないというか。

ー毎回アルバムが完成する度に感じる達成感と一緒?

YO-KING:一緒です。でも、そんなに達成感とかもなくて。なんでだろうって考えると、努力とか苦労をしてないから、達成感があんまりないんですよ。

この記事の画像

「真心ブラザーズが語る、デビュー32年目にして極めた自然体」の画像1 「真心ブラザーズが語る、デビュー32年目にして極めた自然体」の画像2 「真心ブラザーズが語る、デビュー32年目にして極めた自然体」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「真心ブラザーズ」に関する記事

「真心ブラザーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「真心ブラザーズ」の記事

次に読みたい「真心ブラザーズ」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク