『ワンダーウーマン 1984』映画評:欲望と女嫌いと80年代ファッションに立ち向かうスーパーヒロイン

良質なスーパーヒーロー物の超英雄的資質を優れたものにしているのは、アクション映画ならではの手堅いおどけの要素だ。それは、実写化の重荷によって足を引っ張られることもない。同作は、すべての視線が自分に注がれていることをヒロインが自覚していて、劇中のバトルが何かを破壊したり、”男性”をボコボコにしたりするための計画あるいは言い訳ではなく、ガドットの正真正銘の映画スターとしての資質を誇示するためのチャンスのように思えてならない。こうしたものはすべて、前作のクライマックスの混乱によってなんとなく崩壊してしまった。それでも前作の地獄のようなバトルの第三幕は、ダイアナが初めてアイスクリームを食べる場面や、初めて男性を見かけるシーンほど記憶に残らない。ロマンチックな伏線をはじめ(ネタバレは控えます)、続編のストーリーはこうした要素の大半を取り除いてしまった。『ワンダーウーマン 1984』の特徴を挙げるとすれば、同作の中核にある諸刃の剣的な約束(ここでもネタバレは控えます)という、立ち向かうべき悪の本質に人々が気づく遅さだ。この点では、考えさせられる作品である。価値があるかはさておき、噛みしめるべきことはたくさんある。

ジェンキンス監督とガドットが思い描いたワンダーウーマンは、当然ながら、世界を救いたいと思っている。その一方、肩にのしかかる重荷に耐えるため、できる限り強くならなければいけない近年のバージョンの神のような
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ワンダーウーマン」に関する記事

「ワンダーウーマン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ワンダーウーマン」の記事

次に読みたい「ワンダーウーマン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク