真心ブラザーズ中野サンプラザ公演、10人編成で奏でたソウルミュージック

真心ブラザーズ中野サンプラザ公演、10人編成で奏でたソウルミュージック
真心ブラザーズが、2021年2月20日(日)中野サンプラザにてワンマンライブ『はしゃぎすぎてる春の大人さ2020』を行い、真心節全開のソウル・ミュージックショーで待ちわびたファンを大いに楽しませた。

中野サンプラザでのワンマンライブは毎年恒例となっているものの、昨年はコロナ禍で開催することができず、公演のタイトルもそのまま据え置いての「2020」に。”はしゃぎすぎてる春の大人さ”は、「サマーヌード」及び「ENDLESS SUMMER NUDE」のサビに登場する歌詞”はしゃぎすぎてる夏の子供さ”をもじったものだ。会場は十分な感染対策が施されており、入場時の検温、消毒はもちろん、客席は前後左右に人が座らないように設定されていた。

YO-KINGと桜井秀俊の真心ブラザーズに、上野一郎(Ba)、須貝直人(Dr)、伊東ミキオ(Key)、うつみようこ(Cho)、MOUNTAIN HORNS(上石統(Tp)西岡ヒデロー(Tp)首藤晃志(Sax)、宇田川寅蔵(Sax))を加えた10人編成のMBSでのライブは久しぶり。期待が高まる中、「MB」の電飾が降りてきて、メンバーがステージに上がる。桜井のギターがフィードバックで唸りを上げて始まったイントロは、「新しい夜明け」だ。ライブのラストを飾ることも多い大合唱ナンバーからのスタートで、客席は総立ちに。大合唱は心の中で、ということでみんな拍手をしたり手を振ったり踊ったり、YO-KINGの声に合わせてジャンプしたりと、目一杯身体で感情を表しつつ、会場は早くも一体となる。”悲しい出来事には僕は無力無力 だからこそ楽しい気持ちで溢れてたいのさ”と歌う一節が胸に沁みる。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「真心ブラザーズ」に関する記事

「真心ブラザーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「真心ブラザーズ」の記事

次に読みたい「真心ブラザーズ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 真心ブラザーズ ライブ
  2. 真心ブラザーズ 倉持陽一
  3. 真心ブラザーズ 桜井秀俊

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。