ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性

ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性
拡大する(全5枚)
ザ・クロマニヨンズが、2021年2月20日に東京ガーデンシアターにて「ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 2021」を開催した。

2020年12月2日に14枚目のアルバム『MUD SHAKES』をリリースしたザ・クロマニヨンズ。ここ数年は年に1枚ずつシングルとアルバムをリリースしては全国をツアーで回ってきていた。新型コロナウイルスの影響で2019年から開催されていたツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020」(全国58公演)は、延期ののちに中止。今作『MUD SHAKES』リリース後もツアーは依然として開催できず、配信ライブで収録曲全曲を披露していた。

関連記事:THE BLUE HEARTSを読む、悲しみと孤独から始まった人の絆を歌ったバンド

そして遂に、久しぶりに有観客でのライブを行なう。ロックで、ライブで人々を燃え滾らせてきた甲本ヒロト、マーシー(真島昌利)、小林勝、桐田勝治の4人によるザ・クロマニヨンズのエネルギーは、この時世の中で一番欠けていたものかもしれない。ワクワクしたような笑顔で並ぶ会場前のファンを眺めてそう思った。

場内では、公演タイトルに合わせてなのか、タイトルに”SHAKE”の文字が入った楽曲が何曲も流れ続ける。前説で「人類のクレイジーロッケンロールピーポーの皆さん! 心の準備はいいですか? ロッケンロールの用意はできましたか?」と、観客を煽る。プリミティブなストンプサウンドと野生児の咆哮と呻き声がSEとして響き渡ると、ステージにメンバーが登場。演奏陣が一瞬のサウンドチェックをしている間にも、甲本ヒロトはスタンドからマイクをむしり取り、自分に搭載された

この記事の画像

「ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性」の画像1 「ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性」の画像2 「ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性」の画像3 「ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性」の画像4
「ザ・クロマニヨンズ、有観客ライブで示したロックの普遍性」の画像5

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月25日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。