石崎ひゅーい、七夕に新曲「ブラックスター」配信
拡大する(全2枚)
石崎ひゅーいが、2021年7月7日に楽曲「ブラックスター」を配信リリースする。

「ブラックスター」は、石崎ひゅーいがサッポロ生ビール黒ラベル七夕企画タイアップソングとして”それぞれにきっと、大切な星がある。”というコンセプトのもと書き下ろした新曲。磯村勇斗が出演しているWEBムービーでは、Be a STAR ver.として同曲が公開されており、石崎ひゅーいと磯村勇斗によるスペシャル対談ムービーも公開中となっている。

関連記事:石崎ひゅーい、新曲で歌うのは"次に進むためのバッドエンド"

さらに、配信リリース日の七夕の夜に、無料オンラインフェス「the PERFECT LIVE 2021 -丸くなるな、星になれ。- by サッポロ生ビール黒ラベル」への出演が決定した。サッポロビール公式YouTubeアカウントで無料で視聴可能であり、石崎ひゅーいの他には、奥田民生サンボマスターが出演する。

また、以下に石崎ひゅーいからコメントが届いている。

今まで、夜や、星について沢山の歌を書き続けてきました、それは亡くなった母に向けての手紙のようなものでした。5年前、僕の名前の由来でもあり、母が熱烈なファンだったデヴィッド・ボウイが亡くなった日。夜がやけに明るくて、星が一つ増えたような、そんな気がしました。ブラックスター。宛先はボウイ。沢山の憧れを込めて書きました。みんな何かを目指したり、何者かになろうと生きている、そんな今だと思います。葛藤や渇望する気持ちをこの歌に重ねて聴いてもらえたら嬉しいです。

この記事の画像

「石崎ひゅーい、七夕に新曲「ブラックスター」配信」の画像1 「石崎ひゅーい、七夕に新曲「ブラックスター」配信」の画像2