ローリング・ストーンズ、2021年初ライブでチャーリー・ワッツを追悼「本当に寂しい」

また、パンデミック時代の楽曲「Living in a Ghost Town」をライブで初披露したほか、1966年の名曲「19th Nervous Breakdown」を2005年以来久しぶりに演奏している。また、今回のライブでは「Lets Spend the Night Together」をオープニングに起用し、「Brown Sugar」や「Honky Tonk Women」を演奏しなかったことも特徴的だ。それぞれストーンズが2番目と3番目に演奏してきた曲であり(1番は「Jumpin Jack Flash」)、この曲を演奏せずにステージを去ることはほとんどなかった。

【セットリスト】

1. Lets Spend the Night Together
2. Tumbling Dice
3. Under My Thumb
4. Troubles a-Comin
5. Living in a Ghost Town
6. You Cant Always Get What You Want
7. Midnight Rambler
8. Miss You
9. 19th Nervous Breakdown
10. Start Me Up
11. Gimme Shelter
12. Sympathy for the Devil
13. Jumpin Jack Flash
14. (I Cant Get No) Satisfaction

From Rolling Stone US.
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク