「ツタロックDIG」出演バンド・the quiet roomが語る、音楽で感情の機微を伝えること

「ツタロックDIG」出演バンド・the quiet roomが語る、音楽で感情の機微を伝えること
拡大する(全1枚)
「ツタロックDIG LIVE Vol.8」が、2021年11月6日に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催される。

今、チェックしておきたい次世代のシーンの主役を集結させる「ツタロックDIG」。2021年は全10組が出演。今まで以上に規模を大きくし、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のためキャパシティを減らした上でガイドラインに沿った形で有観客で開催する。Rolling Stone Japanでは、本イベントに出演する10組へのインタビューを敢行。それぞれのバンドの結成やイベントに対する意気込みを掲載していく。

関連記事:「ツタロックDIG LIVE Vol.8」タイムテーブル発表

今回掲載するのは、茨城県水戸市にて結成された「表情豊かに生きる」をテーマに活動する3人組ロックバンド・the quiet room。2021年8月には1stフルアルバム『花束のかわりに』をリリースした。今回はVo.Gt.の菊池遼に、新作アルバム『花束のかわりに』の制作やアレンジのこと、バンドの役目についてメールインタビューで話を訊いた。

ーthe quiet roomの結成から活動開始までの経緯を教えてください。

ライブハウスで出会い、結成しました。

ー影響を受けたアーティストや音楽以外のルーツをそれぞれ教えてください。

個人的にはポップミュージックに影響を受けていますが、メンバーそれぞれのルーツミュージックがバラバラなので形に囚われないことがこのバンドの強みだと思っています。音楽以外のルーツは、対話でしょうか。対話の中でより良い音楽は生まれるものだと信じています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク