LiSAが語る、「明け星 / 白銀」の創作プロセス、いま自分が出すべき答え

LiSAが語る、「明け星 / 白銀」の創作プロセス、いま自分が出すべき答え
拡大する(全1枚)
LiSAの20thシングル「明け星 / 白銀」がリリースされた。「明け星(あけぼし)」はテレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングテーマ、「白銀(しろがね)」はエンディングテーマとなる。両A面シングルとなる本作は、「from the edge」「炎」を手がけた梶浦由記が作詞・作曲・編曲を担当。アニメ「鬼滅の刃」シリーズの劇伴にも携わる梶浦の世界観に、LiSAのドラマティックな歌唱が融合。劇場版の「炎」に続いて、今回も『鬼滅の刃』にこの二人あり!ということを強く思わせる印象的な二曲に仕上がっている。その創作のプロセスについて、LiSAにインタビューした。

—まずライブの話を聞かせていただきたいんですけど、2020年はオンラインライブ(「ONLiNE LEO-NiNE」)だけだったじゃないですか。そんな2020年を経て、2021年はアリーナツアー(「LiVE is Smile Always~LADYBUG~」)があって、ステージ上からオーディエンスとコミュニケーションできるようになった。心境の変化はだいぶ大きかったと思うんですけど、いかがですか?

LiSA:はい。声が出せなくてマスクで顔もちゃんと見えないのに、みんなが今どういう表情をしてくれてるのかって温度感は伝わってきますし、目の前にいてくれる心強さがあるからこそできる音楽が、すごく貴重だなと思いました。それが好きだなと。アリーナツアーでは、声が出せなくても楽しんでもらう方法はないかなって思いながらライブをつくっていて。来てくれたみんなが手を真っ赤にして手拍子で一緒についてきてくれたり、足踏みでフロアを鳴らしてくれる部分があったり。できないなら、できる中で楽しいことを一緒に見つけていく。それで実際に目の前で楽しんでくれているみんながいると、可能性あるなって思えます。もしまたライブで声が出せるようになったら、元の世界よりももっと進化したみんなとの遊びが、ライブではつくっていけるんじゃないかなって、アリーナツアーをやっていてすごく感じます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

LiSAのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「LiSA」に関する記事

「LiSA」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LiSA」の記事

次に読みたい「LiSA」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク