ザ・ジャムやスタカンの名曲も再解釈、ポール・ウェラーが交響楽団と挑んだ「新たな挑戦」

ザ・ジャムやスタカンの名曲も再解釈、ポール・ウェラーが交響楽団と挑んだ「新たな挑戦」
拡大する(全3枚)
今年5月にリリースされた『Fat Pop』で、キャリア通算8枚目の全英1位を獲得したポール・ウェラー。そこから約7カ月の短いスパンで、最新ライヴ・アルバム『An Orchestrated Songbook』が届けられた。ここでは英BBC交響楽団と共演し、ソロ時代のみならずザ・ジャムやザ・スタイル・カウンシルの名曲も披露。ウェラーの新たな挑戦を、荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)に解説してもらった。

ポール・ウェラーはこれまでも『Heavy Soul』(1997年)でロージー・ウェッターズ、『Heliocentric』(2000年)でロバート・カービー(ニック・ドレイクやエルヴィス・コステロとの仕事がよく知られるところ)などのアレンジャーを起用して、ストリングスをフィーチャーしたスタジオ・アルバムを幾度も制作。カバー曲集『Studio 150』(2004年)でもホーンセクションやストリングスを効果的に使っていたし、大作『22 Dreams』(2008年)でも管弦の力を借りて、幻想的な音風景を描いてみせた。

2010年の野心的なアルバム『Wake Up The Nation』辺りから、ストリングスやホーンを扱う際に現代音楽的なテクスチャーが加わり始める。そうした変化は、ウェラー自身の好みの移り変わりをダイレクトに反映していたようだ。『Sonik Kicks』(2012年)では、意外にもハイ・ラマズのショーン・オヘイガンにストリングス・アレンジを依頼、絶妙な人選に唸らされた。

この記事の画像

「ザ・ジャムやスタカンの名曲も再解釈、ポール・ウェラーが交響楽団と挑んだ「新たな挑戦」」の画像1 「ザ・ジャムやスタカンの名曲も再解釈、ポール・ウェラーが交響楽団と挑んだ「新たな挑戦」」の画像2 「ザ・ジャムやスタカンの名曲も再解釈、ポール・ウェラーが交響楽団と挑んだ「新たな挑戦」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク