YAJICO GIRLが語る、「どこか懐かしい響き」の正体

YAJICO GIRLが語る、「どこか懐かしい響き」の正体
拡大する(全3枚)
大阪出身の5人組バンド、YAJICO GIRLによる5曲入りEP『Retrospective EP』が完成した。

昨年2月にリリースされた2ndアルバム『アウトドア』では、プロデューサーにMUSIC FOR MUSICのTejeを起用。ロックバンドのフォーマットを基軸としつつ、それにとらわれないサウンドスケープを展開していた彼らだが、今回も引き続きTejeとタッグを組んで、ダンスミュージックやハイパーポップ、ゴスペルなど様々なジャンルをクロスオーバーさせながら、これまで以上に実験的な作品を作り上げた。

かねてよりフランク・オーシャンやケンドリック・ラマー、チャンス・ザ・ラッパーなどに傾倒しながらYAJICO GIRLの可能性や定義を押し広げてきたヴォーカルの四方颯人。故郷の大阪を離れ、コロナ禍で「回顧」や「ノスタルジー」をテーマに歌詞を書いたという彼の目には今、どのような景色が映っているのだろう。

─新作『Retrospective EP』はいつ頃から作り始めたのですか?

四方:前作となる2ndアルバム『アウトドア』を2021年2月にリリースして、その直後くらいからデモを作り始めました。レコーディングは5月、6月くらいだったかな。当初はアルバムやEPのようなまとまった形で出すのではなく、1曲ずつシングルを出していけたらいいなと。そのうち形になりそうな曲が5曲くらいになって、それらを仕上げていくうちに「EPで出そう」という話に落ち着きました。

この記事の画像

「YAJICO GIRLが語る、「どこか懐かしい響き」の正体」の画像1 「YAJICO GIRLが語る、「どこか懐かしい響き」の正体」の画像2 「YAJICO GIRLが語る、「どこか懐かしい響き」の正体」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク