SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由

SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由
拡大する(全7枚)
今から15年前、ダンス&ボーカルスクールに通っていた女の子たちがまさかのバンド結成。想定外の音楽人生を歩むことになったSCANDALの4人が、その特殊な成り立ちゆえに多くの苦悩と葛藤を乗り越えながらファンと共に歩んできたストーリーと、その先に掴んだ「今の自分たちが最高だ!」と感じる状態まで辿り着いたストーリー。

今回のインタビューでは、かつてないほど自分たちらしく自然体で制作できたという、最新アルバム『MIRROR』に込められた想いを紐解きながら、4人の心情の変遷を辿った。今のSCANDALのリアルかつハートフルなヒューマンドラマ、ぜひご覧頂きたい。

関連記事:SCANDALがたどり着いた超自然な境地「時間がすべてを肯定してくれる」



―2021年8月21日に結成15周年を迎え、2022年1月26日には10枚目のアルバム『MIRROR』をリリース。ここまで到達できたこと自体にはどんな感慨を持たれていますか?

HARUNA(vo,g):15年も同じことを同じメンバーで続けて来られたというのは、それだけですごく嬉しいなと思いますし、しかも15年経った今が「一番良い状態だな」と実感できているので、すごくしあわせだなと思います。

―例えば、どんなところに「一番良い状態だな」と感じます?

HARUNA:今はより人間らしく活動できているんですよ。それまでの自分たちはひらすら走ってきて、忙しないというか、いろいろ焦ったりしながら活動を続けていたと思うんですけど、コロナ禍があったことでメンバーそれぞれ自分自身と向き合うことができて、ちゃんと大人の、30代の女性として音楽を出来るようになった。それはすごく大きいなと思っていて。

この記事の画像

「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像1 「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像2 「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像3 「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像4
「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像5 「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像6 「SCANDALが語る、活動15年目にして素を出せるようになった理由」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク