Ochunismが語る、叶わぬ恋に夢中になっている主人公を描いた理由
拡大する(全2枚)
関西で結成された”ジャンル不特定”な6人組バンド、Ochunism(オチュニズム)が最新シングル「夢中」を2022年4月27日(水)に配信リリースした。ユニバーサル ミュージックからリリースするメジャー第一弾となるこの曲は、叶わぬ恋、報われぬ想いを抱く登場人物の目線で歌われるストーリーが、躍動的なアンサンブルで儚くもじんわりと熱く胸の奥に残る。バンドの成り立ちから楽曲について、東名阪ワンマンツアー、5月29日に心斎橋 BIGCATで開催される「ツタロック DIG ”LIVE” vol.9 -OSAKA-」への出演について等、バンドを代表してボーカルの凪渡に話を訊いた。

―Ochunismは2019年4月に大学在学中に結成されたとのことですが、どんな関係の6人が集まったバンドなのか教えてください。

イクミン(Dr)以外が同じ大学の同じ軽音楽系サークルで出会いました。イクミンはちゅーそん(Gt)が高校生のときに軽音部のイベントで知り合った仲だったみたいで、5人で先にバンドを作ってドラムを探していたときに、声をかけて6人が揃いました。

―6人でやることになったポイントってどんなところにあったのでしょう。

僕はそれまで音楽活動をやったことがなくて、大学のサークルでコピーバンドをやるようになったんです。たまたま一緒にコピバンをやっていたのが、今のOchunismのメンバーだったんですけど、もともとの音楽のセンスが合っていたというよりは、一緒にコピバンをやっていくうちに一致して行ったというか。みんなそれぞれ大学のコピバンを通して成長したと思いますし、外でバンドをやりたいなと思ったときに誘った感じです。

この記事の画像

「Ochunismが語る、叶わぬ恋に夢中になっている主人公を描いた理由」の画像1 「Ochunismが語る、叶わぬ恋に夢中になっている主人公を描いた理由」の画像2