成田昭次、“あの頃”と今が交差したエモーショナルなBillboard Live TOKYO公演
拡大する(全1枚)
シンガーソングライター、ギタリストとして活動する成田昭次が、2022年6月14日(火)6月15日(水)Billboard Live TOKYOにてワンマンライブ「⽝も歩けば棒に当たる」を両日とも1stステージ、2ndステージの2回に渡り開催した。このレポートでは、6月15日(水)20時開演の2ndステージの模様をお届けする。

1988年にロックバンド・男闘呼組のギター&ヴォーカルとしてデビュー以来数々の楽曲をリリースしてきた成田。この日6月15日はミニアルバム『犬も歩けば棒に当たる』をリリースしたとあって、新曲を含めてどんなライブとなるのか注目された。

関連記事:Little Black Dress単独公演レポート、元・男闘呼組の成田昭次がゲスト登場

バンドは、成田昭次(Vo.Gt)、寺岡呼人(Ba)、青山英樹(Dr)、門馬由哉(Gt)、Devin Kinoshita(Key)の5人編成。ドラムから始まったオープニング曲は、男闘呼組の「Rollin In The Dark」。ハードなギターサウンドが、Billboard Live TOKYOの落ち着いたムードを打ち破るように広がっていく中、レスポールを弾きながらブルージーに歌う成田の声が空気を震わせる。間奏のソロ、エンディングのワウを使ったソロと、1曲の中で表情の異なるギターを弾いてみせた。オルガンの音色と重なるディストーション・サウンドが70年代ハードロックを思わせた「Bad Generation」をプレイすると、最初のMCでは「昨日から2日間、すごく良いライブができて、みなさんに感謝しています。こんな素敵な会場でライブができて光栄です。みなさん、ビューティフルです」と笑顔で客席に声をかけるファンサービス。