フジロック×サマソニ運営対談2022 洋楽フェス復活への「試練と希望」
拡大する(全4枚)
2019年に本誌WEBで、フジロック/サマーソニック両陣営による対談企画が実現。ライバル企業のスタッフである2人が「これからは協力すべき時代」と頷き合い、洋楽文化に対する危機感、お互いのフェスに対するシンパシーを語ったことで大きなバズを生んだ。あれから3年。状況はすっかり様変わりしてしまったが、両者はコロナ禍の困難をどのように受け止め、洋楽フェス復活に向けてどんな思いを抱いているのか。前回に引き続き、スマッシュの宣伝/ブッキング担当・高崎亮さん、クリエイティブマン宣伝部・安藤竜平さんに話を伺った。

【前回記事】フジロック×サマソニ運営対談 フェスと洋楽文化を支える両者のリアルな本音

2021年までの成果と苦悩

―今年のラインナップが発表されたとき、洋楽フェスがついに復活するんだなと感動しましたが、ここにたどり着くまでは苦難の連続だったと思います。まずは今の率直な気持ちを聞かせてください。

高崎:コロナになってから海外アーティストを呼べない状況が続いてましたが、去年のスーパーソニック(9月18日・ 19日)で「まさか呼べるんだ!」となった。僕もお客さんとして観に行ったんです。

―「サマソニ皆勤賞」と前回も話してましたよね。

高崎:ステージを観ながら、「洋楽公演ってこんな感じだったな」っていうのを久々に思い出しましたね。それこそ僕は、いつもサマソニに行きながら「このアーティストはこれぐらいの集客だった、お客さんの反応がこうだった」という分析をしてたけど、そういう感覚を2年も忘れていたという。それまでは「どうせ呼べないし」と諦めそうになったりもしましたが、「よし、自分たちも行くぞー!」とワクワクしたのを覚えています。

この記事の画像

「フジロック×サマソニ運営対談2022 洋楽フェス復活への「試練と希望」」の画像1 「フジロック×サマソニ運営対談2022 洋楽フェス復活への「試練と希望」」の画像2 「フジロック×サマソニ運営対談2022 洋楽フェス復活への「試練と希望」」の画像3 「フジロック×サマソニ運営対談2022 洋楽フェス復活への「試練と希望」」の画像4