ミオヤマザキ怒涛の2019年集大成となるZeppツアー最終公演。最大の挑戦に向けてラストラン。

ミオヤマザキ怒涛の2019年集大成となるZeppツアー最終公演。最大の挑戦に向けてラストラン。
ミオヤマザキが12月1日Zepp Fukuokaにてライブツアー「ミオヤマザキZeppツアーやるってよ」の最終公演を行った。 今回のツアーは全国4ヶ所で開催され、Zepp Divercityでは清春、Zepp Osaka Baysideでは阿部真央、Zepp Nagoyaでは悲劇のヒロイン症候群、そしてファイナルとなるZepp Fukuokaでは土屋アンナをゲストアクトとして迎え、各アーティストと豪華コラボレーションを披露した。また12月25日に発売するアルバムから初披露となる新曲も多くセットリストに盛り込むなど、観客を熱狂させる公演となった。 開演が近付くにつれて会場の熱気は高まり、SEが流れ始めると歓声とともに熱量はさらに増す。スモークで覆われ光に包まれたステージに4人が登場し、ライブの幕が上がった。
ミオヤマザキ怒涛の2019年集大成となるZeppツアー最終公演。最大の挑戦に向けてラストラン。
1曲目から新曲となる「Singing」を披露。新曲を心待ちにしていた観客のボルテージも一気に上がり、mioがマイクをスタンドごと観客に向け盛大なシンガロングからライブがスタートした。「un-speakable」「メンヘラ」とライブでは定番のアッパーチューンが続き、フロアは序盤から興奮が止まない様子だった。 MCを挟むと「ノイズ」を演奏。歌いだしからエモーショナルで優美な歌声を響かせ、序盤とは違うミオヤマザキの世界観を提示し観客を魅了した。 ライブ中盤に差し掛かり、「女子高生」を演奏し場内の熱気が高まった状態で、「新曲やります」と新曲「消エナイ」を披露。その後、「スペシャルゲストを呼んでいます」とステージに土屋アンナを呼び込み、ミオヤマザキの楽曲「CinDie」をコラボレーション。激しい楽曲とレーザー飛び交う照明に呼応するように会場が一段とヒートアップした。

あわせて読みたい

清春のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「清春 + twitter」のおすすめ記事

「清春 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「清春 + ライブ」のおすすめ記事

「清春 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 清春 Instagram
  2. 清春 twitter
  3. 清春 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。