「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!

「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!
拡大する(全5枚)

「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書...の画像はこちら >>

『私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか』が発売。台風や集中豪雨で毎年のように発生する災害に、 不安を覚える人は多いだろう。 でも、 なんとなく「自分だけは大丈夫」と思っていないだろうか。 本書では、 長年にわたって自然災害の取材を担当してきた建築・住宅・土木分野の専門記者が、 気候変動で今後さらに激しくなると予想される水害や土砂災害の最前線を、 現地取材をもとに綿密にリポート。 被災者を襲った「想定外」の出来事の裏側や「その後」を、 詳しく解説。 さらには、 政策や技術の最新動向を踏まえつつ、 これからの住まいづくりや街づくりを語るうえで欠かせない、 新たな考え方も提示。 具体的には、 「災害リスクの高い土地からの撤退を戦略的に進める」ことと、 「撤退が難しい場所では災害を受け流す街づくりに投資する」こと。 すでにいくつかの先進的な自治体や企業が、 こうした考えのもとに動き始めている。 2016~20年の5年間に起こった水害による被害額は、 全国で計5.2兆円にも上る。 生命はもちろん、 いかに財産を守り抜くか。 あるいは、 企業活動への影響を少なくするか。 気候変動の世紀を生きる現代人にとって、 見逃せない情報が満載。

第1章 水害事件簿 / 第2章 狙われた臨海部

気候変動の影響で、 ますます激しくなるとみられる水害。 タワーマンションの浸水から関西国際空港の水没まで、 近年話題となった被害の詳細や背景、 「その後」を徹底的にリポート。

この記事の画像

「「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!」の画像1 「「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!」の画像2 「「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!」の画像3 「「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!」の画像4
「「自分だけは安全」と思っている人必見! 気候変動時代の必読書「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」発売!」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク