2021年の十大セキュリティトレンド、情報セキュリティ監査人がチェックするポイントとは

特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月6日、情報セキュリティ監査人が今年の監査計画を考える上でテーマとして活用することを目的に「情報セキュリティ監査人が選ぶ2021年の情報セキュリティ十大トレンド」を取りまとめ公表した。

JASAでは、同協会の公認情報セキュリティ監査人資格認定制度により認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,800人を対象にアンケートを実施、情報セキュリティの十大トレンドを選出した。

JASAによると2021年の情報セキュリティトレンドは、全体的にコロナ禍における急激な働き方の変化を、これからのニューノーマルとしてどう対応していくのかに注目が集まった結果となった。従来からの脅威であった標的型攻撃やフィッシング詐欺などに対しても、手法の高度化や在宅環境など新たな環境の出現に伴い、引き続き対策を進めて行く必要があるとしている。

1位:テレワークニーズに追いつかないセキュリティ対策
【監査ポイント】
・テレワーク導入に伴い、ネットワークシステムや、データ保管の場所など、従来のセキュリティポリシーや社内ルールに違反している箇所はないか。
・テレワーク導入に際し、適切なリスク分析と対策がとられているか。VPN 接続や社外に分散するデータにアクセスする認証強度、自宅設置PCのセキュリティ対策は十分か。

2位:史上最悪の天災やパンデミックなどに対応できるIT-BCPへ
【監査ポイント】

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セキュリティ」に関する記事

「セキュリティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セキュリティ」の記事

次に読みたい「セキュリティ」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。