プルーフポイント、パンデミックの1年間を経て世界のCISOが直面する課題を調査「2021 Voice of the CISO」発表

 日本プルーフポイント株式会社は6月17日、パンデミックの1年間を経て世界の最高情報セキュリティ責任者(CISO)が直面する主要な課題を調査した「2021 Voice of the CISO(CISO 意識調査レポート)」の日本語版を発表した。

 「2021 Voice of the CISO」では、多様な業界の中規模から大規模の組織に所属する1,400人以上のCISOから寄せられたグローバルな第三者調査の回答を分析、さらに2021年第1四半期中に14カ国(米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、オランダ、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、オーストラリア、日本、シンガポール)の各市場で、それぞれ100名のCISOにインタビューを行っている。

 同レポートでは「CISOはどのようにして、あらゆる角度から絶え間なくふりそそぐ攻撃に対処しているのか」「ハイブリッド型の労働環境における課題にどう備えているか」「新しい時代に必要なサイバーセキュリティ意識向上トレーニングの役割は何か」「CISOが最もプレッシャーを感じることは何か、CISOの役割はどのように進化したか」について分析している。

 同レポートの日本における主な調査結果として、日本のCISOの63%が今後1年間に重大なサイバー攻撃を受ける危険性を感じており、想定する攻撃の種類は「メール詐欺(ビジネスメール詐欺)」が42%、「DDoS攻撃」が36%、「クラウドアカウント侵害(M365またはG suiteなど)」が34%と上位を占めた。「メール詐欺(ビジネスメール詐欺)」はグローバルのCISOの回答でも1位(34%)で、最も警戒されている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「意識調査」に関する記事

「意識調査」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「意識調査」の記事

次に読みたい「意識調査」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク