Internet Explorer サポート終了目前(2022/6/16)、IPA が注意喚起を再掲

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月14日、Microsoft 社 Internet Explorer のサポート終了について注意喚起を行った。サポート終了の対象ソフトウェア製品は以下の通り。

Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーション(SAC)
 Windows 10 デスクトップ SKU(20H2 以降)
 Windows 10 IoT(20H2 以降)

 Microsoft 社から、日本時間2022年6月16日で Internet Explorer(IE)のサポートが終了することが告知されているが、サポート終了後に IE を起動するとMicrosoft Edge が起動するよう変更されるため、IE のみで動作するよう作成されたコンテンツは閲覧できなくなる。

 IE コンテンツの利用者(一般ユーザ)はサポート終了後、IE コンテンツを継続して利用する場合はMicrosoft Edge の「IEモード」で閲覧できるが、「IEモード」も2029 年でのサポート終了が Microsoft 社から発表されている。

 IE コンテンツの利用者(組織の従業員)はサポート終了後、組織の環境や方針で「IE モード」を利用できないよう設定されている可能性があるため、組織の情報システム担当部門等に「IE モード」の利用可否を確認する必要がある。

 IE コンテンツの提供者(組織の情報システム担当部門、Webサービス事業者)はサポート終了後、IE コンテンツをWeb標準仕様に準拠した改修を行い、IE 以外の一般的なブラウザでも閲覧できるようにする必要がある。

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク