模倣能力に長ける中国が日本の自動車エンジンを模倣できなかったワケ=中国

模倣能力に長ける中国が日本の自動車エンジンを模倣できなかったワケ=中国
拡大する(全1枚)

 これまで中国は技術導入と模倣によって経済発展を遂げてきたと言えるだろう。特に中国人は自ら「模倣する能力に長けている」と認めているが、それでも日本の自動車エンジンは模倣できないようだ。中国メディアの百家号はこのほど、中国が日本の自動車エンジンの真髄を「学ばない理由」について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、日本メーカーの自動車エンジンは熱効率が高く、非常に優れていると評価した。自動車分野で遅れていた中国は、日本メーカーのエンジンを徹底的に研究したが、同じレベルのエンジンを作れなかったと論じた。

 この理由について記事は、日本の自動車メーカーは技術の保護を徹底していることが関係していると分析した。中国の自動車メーカーとの合弁で中国市場に進出した日系メーカーは、中国で組み立て製造をしても、研究開発には関わらせなかったとしている。

 また、中国企業が精密部品を製造できないことも大きな理由だという。精密工作機械のレベルが高くないため、どうしても誤差が大きくなってしまうようだ。部品そのものは模倣できても、材料や加工で問題があるとしている。さらに、「エンジンの電子制御システム」も重要で、これを模倣するのは容易ではないと強調した。

 最も大きな問題として記事は、「特許」の壁があると指摘した。以前は、中国では知的財産権に対する意識が低く、比較的容易に「パクる」ことができていたが、最近では厳しくなっているので簡単に模倣できないと説明した。

 しかし記事は、中国はエンジン分野でも急激に発展を遂げているので、そう遠くない将来に、中国のエンジンは世界トップレベルになるはずだとの希望的な観測を述べている。いずれにしても、日本のエンジンは中国でさえ模倣できないほどレベルが高いというのは間違いないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク