日本が「制約」の突破を狙っている! 戦後レジームにとってのリスクだ=中国

日本が「制約」の突破を狙っている! 戦後レジームにとってのリスクだ=中国
拡大する(全1枚)

 岸田文雄首相とオーストラリアのモリソン首相は、2022年1月6日にオンラインで、自衛隊とオーストラリア軍が共同訓練を行う際などの対応をあらかじめ取り決めておく「日豪円滑化協定」に署名した。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本はオーストラリアを準同盟国と位置付けているとし、「その位置付けはどのような打算があってのことなのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、今回の「日豪円滑化協定」の締結に先立ち、日本はすでにオーストラリアを「準同盟国」と位置付けており、今回の円滑化協定締結について岸田文雄首相が、「日豪の安保協力を新たな段階に引き上げる画期的な協定だ」と述べたと伝えた。オーストラリアのモリソン首相も「これはマイルストーンとしての意味合いがある」と語ったという。

 続けて記事は、日豪首相のオンライン会談の翌日、日米安全保障協議委員会(2+2)が開催され、日本は米国との同盟関係を強化し、「インド太平洋戦略」の枠組みにおいて外交や防衛面での連携を深めることを確認したと伝えた。

 このように、日本が米豪との軍事協力を強化していることは、「インド太平洋戦略」と密接な関係があり、日本がこの面で積極的に動いているのには訳があると記事は主張した。それは「いわゆる正常な国家になる」ためで、つまり平和憲法と専守防衛という「制約を突破」したいのだと主張している。

 実際、日本は防衛費が過去最高となり、米国からはF35を購入して「いずも」に搭載予定だと指摘した。これに留まらず、英国やドイツ、フランスなど欧州諸国とも軍事協力を深めており、日本のこうした動きは「戦後レジームにとってリスクとなっており、地域の平和と安定に不利となる」と危機感を示して記事を結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク