デジタルカメラ、故障率は一般家電の4倍

       
 業界関係者によると、中国電子商会はこのほど、デジタルカメラに関する調査結果を発表した。中国で販売されるデジタルカメラの故障率は12.9%で、これは一般的な家電製品の2-4倍に上る。京華時報が伝えた。

 中国のデジタルカメラ市場は長期に渡って順調な成長を続けており、2008年9月時点の大都市におけるデジタルカメラ所有率は60%以上で、特に北京市では68%に上る。

 調査によれば、消費者の製品に対する満足度は100点満点中わずか65点。不満が集中しているのは故障や修理費用に関する項目で、最も故障が多いのは電池とレンズだった。また故障に関するクレームが多いのはコダック、富士フイルム、オリンパスといったメーカーだという。(編集担当:入澤可織)

【関連記事・情報】
「90後」新入生、入学準備のデジタル製品は数万元に(2008/09/04)
コンシューマ・エレクトロニクス産業に冬の時代到来か(2008/09/02)
経済>IT>ホットトピック - サーチナトピックス
経済>マクロ>消費 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「家電」に関する記事

「家電」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家電」の記事

次に読みたい「家電」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年10月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。