【今日のブログ】毛沢東の「日本に感謝」の真意とは?

 また、続けて「日本帝国軍が中国大半を占領したからこそ、我々は抗日基地を築くことが出来、後の解放戦争に勝利するための条件を整えることが出来た。日本軍閥は我々に『良い事』をしてくれた。感謝が必要であれば、日本帝国軍が中国を侵略したことに感謝する」と語っている。

 また、1956年に日本陸軍の遠藤藤三郎前中将と会談した際にも「あなたたちは我々の先生であり、感謝しなければならない。戦争こそが、まとまりのない中国人民を団結させたからである」と述べている。

 学識者の分析では「敵に感謝する」という毛沢東の発言はユーモアと諷刺、皮肉を込めたものであり、日本による侵略を肯定するものではなく、また、日中戦争が中国人民にもたらした災難を肯定するものでもない。つまり毛沢東の談話は日本帝国主義を反面教師として捉えたものであり、客観的に見た場合、日本帝国主義による侵略が中国人民を団結させ、反抗と覚醒をもたらしたという意味であろう。
--------------------------------------------------------------
(出典:王錦思的BLOG意訳編集)

 写真は『毛主席近影集』に収められている生前の毛沢東。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
【今日のブログ】地理的に近い日本、心理的に遠い日本(2009/01/02)
【今日のブログ】中国は日本から何を学ぶべきか(2008/11/13)
【今日のブログ】上海の高校生から見た日中関係(2008/11/07)
社会>コラム>今日のブログ - サーチナトピックス
政治>国際関係>日中関係 - サーチナトピックス
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク