「高度成長期」を比較する―日中両国の相似と相違

 中国経済はいま高度成長を謳歌している。およそ半世紀も前に、日本も戦後の高度経済成長を経験している。両国の高度成長の推移を比較すると、幾つかの興味深いことが分かってきた。

 今回のコラムに付けている図は、両国の異なる期間における国内総生産(GDP)の実質成長率の推移をプロットしたもの。そのうち、中国については、改革・開放政策が始まった1970年代末を高度成長の初期と仮定して、それ以降の2008年までの期間を表わしている。一方、日本に関しては、第2次世界大戦後の高度成長が始まったとされる1950年代の半ば頃を初期とした約30年間を比較の期間としている。今回のコラムでは、この図をもとに、日中両国の高度経済成長の特徴などを比べてみよう。

 まず、周知のように、日本経済の高度成長は、1950年代半ば頃から始まり、70年代初めのオイル・ショックで終わりを告げて、前後およそ20年近く続いていた。ところが、中国の場合は、1970年代末より高度経済成長が始まったとしたら、現在までは30年も経過して今なお進行中ということになる。これに対して、中国の人口規模が日本の10倍に当たることから、経済の高度成長も日本よりもう少し長く続けられるというのは、理由の1つとして考えられる。

 しかし、私個人の体験からは、中国経済の高度成長はむしろ90年代に入ってからスタートしたものと受け止めている。なぜならば、80年代には家庭用の電話もなければ、市中にタクシーも見かけないので、経済の高度成長からの実感はほとんど無かったからだ。このような実感は決して私だけのものではないと思われる。この点から、高度成長の評価は、国民一人一人の実感を踏まえて行うことも重要ではなかろうか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク