染料に有害物質、カラフルなマスクが流行も「危険いっぱい」=中国

       
 冬を迎えた中国では、防寒対策としてマスクを着用する人が多い。従来までは真っ白なマスクが主流だったが、今ではさまざまな色のカラフルなマスクを着用する人が多く見受けられるになった。しかし、カラフルなマスクの染料には有害物質が含まれている可能性があるという。中国新聞社が報じた。

 中国では露天商がさまざまな色・デザインのマスクを販売しており、価格は2元~10元(25円~125円)と非常に安い。値段の違いは色やデザインの違いによるものではなく、「質」の違いに起因する。露天商によれば、「安いマスクは何回か洗うと色が落ちてしまう」そうだ。

 マスクを購入する市民の多くは、おしゃれでカラフルなマスクを選んで購入している。以前であれば、人びとは一様に白いマスクを購入していたが、今では安価であっても白いマスクを購入する人は少ない。

 ある医者は、「マスクは常に鼻と唇に接触するため、衛生状態に十分注意する必要がある。質の劣るマスクは、綿糸などの繊維物質が鼻に入るだけでなく、マスク内部が病原菌の温床となる場合がある」と注意を促す。

 続けて医者は、「マスクの中には、有害物質を含む染料を使用したものもあり、これはアレルギー性の鼻炎を招く事があるので、質の良いマスクを選ぶように」と警告した。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
【中国人に聞く】白いマスクとカラフルなマスクのどちらを購入しますか?(2010/12/29)
8割以上の店舗が有害「弁当箱」を使用、発がん性物質も-北京(2010/03/28)
中国火鍋、多くは「化学鍋」、8割の店が添加剤を大量使用―中国(2010/12/20)
自動販売機の省エネ・エコ化とは(2010/12/18)
着色オレンジが出回る、工業用ワックスで発がんの恐れ―中国(2010/12/15)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年12月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。