心臓に刺さった縫い針が血管スイスイ、3カ月後大腿部で発見される―中国

       
 縫い針が胸に刺さってそのまま体内に入り込んでしまった男性が三カ月後に摘出手術を受けようとしたところ、縫い針が血管を通って大腿部まで運ばれていたことが判明した。鳳凰網が伝えた。

 貴州省で働いているこの男性は昨年11月に縫い針を使って衣服を縫っていたところ倒れてきた物の下敷きとなり、持っていた針が胸に刺さり抜けなくなってしまった。酒を飲んでいたこともあり特に痛みを感じなかったために病院にもいかずに放置していたという。今年の旧正月前に里帰りした際、話を聞いた父親に連れられて地元の病院に行ってみると、縫い針が胸に留まっていることが判明、手術を行なうこととなった。

 しかし、切開してみると縫い針の一部はすでに心臓に刺さっていて手に負えないということでそのまま縫合し、別の病院を紹介された。そして2月21日に別の病院の心臓外科で再検査したところ、針が心臓から行方をくらましていた。

 体をX線でくまなく検査したところ、行方不明になっていた縫い針は動脈によって大腿部まで運ばれ、そこで血管を破って筋肉に突き刺さっているのが発見された。大動脈に刺さる危険性のために胸を切開するまで切迫した状況から一転、3カ月も体内に留まっていた縫い針は、トゲを抜くような簡単な処置で摘出されることとなった。

 処置をした医師は「こんなことは世界でも非常にまれだろう」と驚きを隠せない様子。そして針を抜いてもらった男性本人もしきりに「俺は幸運だ、実に幸運だ」と繰り返したという。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
救急車まで「パクリ」が激増、警備員と手を組み患者を「送迎」―中国・浙江(2011/02/27)
女医が患者に「死ぬなら私が帰ってからにして」、中国で波紋(2011/02/26)
患者に気配り、手術後に謝礼返す医師…中国で称賛と現状批判の声(2011/02/24)
抗生物質使用率を50%以下に義務付け―江蘇省南京市(2011/02/18)
死亡例も報告の子供用解熱剤、薬局で広く販売―中国(2011/02/17)
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。