30周年イヤー進行中!THE GOOD-BYE曾我泰久&衛藤浩一にインタビュー:2

30周年イヤー進行中!THE GOOD-BYE曾我泰久&衛藤浩一にインタビュー:2
今春、ギターとパーカッションによるアコースティックな【LIVE TOUR 2014春~Dear Friend~】を開催した、THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)の曾我泰久と衛藤浩一。バンドデビューから30年が過ぎ、プライベートでも親友同士の2人にライヴのことなど聞いた。後半では特にザ・グッバイのこと、曾我のソロ活動について質問をした。(サーチナ)
       
 今春、ギターとパーカッションによるアコースティックな【LIVE TOUR 2014春~Dear Friend~】を開催した、THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)の曾我泰久と衛藤浩一。バンドデビューから30年が過ぎ、プライベートでも親友同士の2人にライヴのことなど聞いた。後半では特にザ・グッバイのこと、曾我のソロ活動について質問をした。

――ザ・グッバイの結成30周年コンサート「30th ANNIVERSARY LIVE~TAKE OFF~」(2013年11月開催)は、懐かしい数々の名曲披露と共にメンバー4人の真心が伝わる素敵な時間でした。DVDがリリースされましたが、振り返っていかがですか?

 曾我:温かくて優しい空気が会場全体を包んでいたことが、一番印象に残っています。大きな愛があふれていたと感じたライヴでした。ステージに出て行った時、観客のみなさんは僕らメンバーが大丈夫なのかと心配していたと思うんですよね。メンバー全員で30周年をお祝いするところ、去年ぱっつぁん(加賀八郎さん)が旅立ってしまいましたから。ぱっつぁんは30周年のあの場に立つことを強く望んでいて、体調に合わせて軽目のベースを買ったり、ベッドの中で頑張って練習したりしていたんですよ。

 衛藤:コンサート開催は、ぱっつぁんが一番望んでいたかもしれないよね。本当に大きな愛に包まれたステージで、楽しくてあの場にいられるのが嬉しかった。幸せなひと時で、やって良かったよね。それがDVDでも伝わるはずですし、いい空間をみなさんにいただいたような感じです。観客のみなさんと一体になって、すべての思いが1つになれた感覚もありました。1日2ステージだったので、やりきった感もありましたよ。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月18日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。