日本の自動車市場・・・輸入車にとっては「墓場」=韓国メディア

 韓国メディアのビジネスポストは9月30日、日本の自動車市場において、輸入車にとっては墓場であり、定着するのは極めて難しいという記事を掲載した。

 記事によれば、日本において輸入車が売れない最大の理由として、日本の消費者の消費性向をあげ、日本の消費者は軽自動車を好むと指摘。その理由として、日本の道路の狭さや駐車スペースの狭さ、そして街で見かける駐車場の駐車料金の高さをあげ、日本の消費者が負担を抱いているためだと伝えた。

 加えて記事は、2014年4月、日本では消費税が上がるやいなや、燃費が良いハイブリッド車の人気が高まったうえ、軽自動車の人気もさらに高まったと伝えた。

 このように、日本では内需が優先されており、その中でも「トヨタは日本国民の絶対的支持を集めている」としたうえで、日本の自動車市場におけるトヨタのシェアは40%を超えていること伝えた。また、米国でトヨタの大規模リコールが起きた時も、日本のメディアや日本国民はトヨタをかばう動きを見せており、それだけトヨタは日本国内で格別な企業であると伝えた。

 また記事は、2011年、内需が低迷を見せ始めるやいなや、「トヨタ」は積極的に内需の分析を行い、変化に対応しながら、排気量660cc以下の小型自動車を発表したり、国内の消費者のニーズに合わせた自動車をつくるため、投資開発もしていると紹介したほか、日本の若者が長期の不況により自動車に関心を持たなかったため、大学に出向き若者に向け、直接会いながら話をするなど、状況に応じて対応してきたと伝えた。

 このような背景から、日本の自動車市場は「輸入車にとっては墓場」とされ、日本の自動車市場における輸入車の売れ行きはここ数年停滞を見せていると報じた。(編集担当:木村友乃)(イメージ写真提供:(C) glowonconcept /123RF.COM)


【関連記事】
「三菱製エンジン」なくして、「中国ブランド車」はありえない
世界の車に「日本の技術」 ボンネットを開けてみよ!
売れる日系車、売れぬ韓国車・・・中国自動車市場で明暗
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク