日本料理は味だけではない!繊細で美しい・・・中華料理との違いは

日本料理は味だけではない!繊細で美しい・・・中華料理との違いは
味のおいしさだけではなく、見た目の美しさでも外国人に評価の高い日本料理。中国メディアの網易はこのほど、「極限まで精巧な、芸術級の日本料理は文化まで味わえる」と題して、日本を訪れ、宿泊先で極上の日本料理を体験したという中国人旅行客の手記を紹介した。(イメージ写真提供:123RF)<br>(サーチナ)
 味のおいしさだけではなく、見た目の美しさでも外国人に評価の高い日本料理。中国メディアの網易はこのほど、「極限まで精巧な、芸術級の日本料理は文化まで味わえる」と題して、日本を訪れ、宿泊先で極上の日本料理を体験したという中国人旅行客の手記を紹介した。

 中国人にとって「畳」のうえで取った食事は楽しい異文化体験となる。靴を脱いで畳に上がり、1人1人の眼前に御膳が置かれ、背もたれが付いた座椅子に座って食事を取るという体験は「中国にはない食事の風景」として非常に新鮮に映るようだ。中国では円卓に座り、みなで皿をつつき合うのが一般的な食事の光景だからだ。

 記事は、日本料理で特に感心した点として、随所に見られる「料理へのこだわり」を挙げた。「料理に合わせて異なる器を使う」ことや、器がどれも美しく、鳥の形に作られた陶器はふたをとると中に料理が入っていたり、食前酒の梅酒は、器にそそぐとハートの形になったりと見ているだけで楽しく、「邪念が生まれなくてよかった」と思わず持ち帰りたくなるほど心を奪われたようだ。

 料理そのものも繊細で美しかったという。刺身には菊の花が添えられていたり、かぼちゃの煮物が葉の形に、シイタケが花の形になっていたりと、細かなところまで楽しませてくれたという。こうした料理の一品一品が美しいうえ、懐石料理は食欲が増すように順番を考えてコースになって供されることに感心した様子だ。

 もう1つ感心したというのが1人用のコンロだ。食事前に火をつけて、長くも短くもないちょうど良い時間に出来上がり、温かい料理を楽しめることはうれしかったようだ。中には白米が入っていて、上に木のふたが付いており、炊き立ての米が食べられたと感心。お米も非常に香ばしく、お米だけでも「おいしい味がした」と振り返った。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月19日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。