もし中国の不動産バブルが崩壊したらどうなるのだろうか=中国メディア

 中国の不動産市場はバブル状態にあると言われて久しく、かつての日本のようにバブルが弾けるのではないか言われ続けているが、いまだに崩壊していない。中国メディアの今日頭条は4日、「もし中国の住宅価格が日本のバブル崩壊時のように65%下落したらどうなるか」と題する記事を掲載した。

 多くの中国人にとって、マイホームの購入は人生で絶対に成し遂げなければならないことの1つだ。特に若い男性は結婚までにマイホームを持っていることを求められるケースが多い。記事は、中国人に関心の高い不動産価格の今後について、一部の人は「バブル崩壊で価格が65%も下落した日本のようになったらどうなるのか」と心配していると紹介した。

 記事はバブル期の日本について、今の中国よりも不動産に傾倒していて高騰も激しく、飲まず食わずで働いてようやく買えるほどまで価格が吊り上がったと伝えた。しかし、その後にバブルが崩壊。その際に多くの人が失業し、ローンが払えなくなる人も続出、金持ちだった人が貧乏人に転落したと伝えた。しかし記事は、中国ではこうした事態は起きないだろうと楽観視している。

 その理由について、中国では多くの人が「投資ではなくマイホーム用」として購入するので、65%下落したとしても大規模な失業や大量の借金は出ず、平常の生活が続くと主張した。また、中国の不動産価格は最近安定しており、日本のような極端な下げ幅はない、あるいは緩やかに増加さえするかもしれないと分析。不動産価格が上がり続けても、経済も上向きなので心配する必要はないと主張している。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。