現代の中国語で使われる単語、その多くが「日本から逆輸入」って本当?=中国メディア

 現代中国語のなかには日本由来の単語が少なくない。明治時代に西洋の単語を日本語に翻訳する際に作られた単語が中国にも入って定着したもので、こうした単語を使わなければ現代の中国語は使えないとまで言われている。これは、漢字の発祥地であることを誇りにする中国人には受け入れがたいようだ。中国メディアの今日頭条は22日、近代中国の新しい名詞について、本当にその多くが日本から来たものなのか考察する記事を掲載した。

 記事はまず、中国語というのは特殊な言語で、これまでも外来語を柔軟に取り入れて変化を続けてきたと紹介した。仏教の伝来と共に空、禅、世界、現在、覚悟などの単語が南アジアから入ってきたのだという。そして、現在でも中国語は外国の影響を受けて変化を続けており、毎年300-400の単語が増えているという人もいると紹介した。

 では、現代の中国語の多くが「日本から逆輸入」した、というのは正しいのだろうか。記事は、幕末から明治にかけて日本が漢字文化を発展させたという事実は軽視すべきではないとしつつも、現代中国で使用されている単語は「日本から中国に入ってきた」というよりも、「中国・西洋・日本」の3つが互いに影響を与え合って新しい言語を作り出してきたと分析した。

 中国から漢字を借用した日本人が、西洋の影響を受けて作った単語であったり、西洋の伝道師が中国人と合作して日本で定着した単語であったりと、実際には「日本から単語を逆輸入」したというよりも、日本は「通過点」の役割を果たしたに過ぎないとしている。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。