これが日本の「がん検診」なのか! 「とても素晴らしい体験だった=中国報道

これが日本の「がん検診」なのか! 「とても素晴らしい体験だった=中国報道
中国メディアは、日本で胃がん健診を受けたという中国人の体験を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 胃がん大国と言われている日本だが、早期に発見できれば5年後生存率は非常に高いとされている。一方、中国では5年後の生存率はそれほど高くないようである。中国メディアの今日頭条は25日、日本で胃がん健診を受けたという中国人の体験を紹介する記事を掲載した。

 東京で胃がん検査を受けたという記事の中国人筆者は、「受けてみて良かった」と満足している様子だ。当日、予約していたのでゆとりをもって病院に赴き、通訳を通して医者から病歴を質問された後、検査の手順や注意事項を丁寧に説明してもらったと紹介。胃カメラは2種類あって選ぶことができ、鼻から入れる胃カメラを選択すると、鼻からの出血の可能性や麻酔について医師から説明を受けた後、検査に入ったと伝えた。これほど細かな説明は中国の病院では期待できないだろう。

 検査そのものも、とてもスムーズだったと紹介している。それほど気分が悪くなることもなく、検査自体はほんの5、6分で終わり、管を戻して医者から結果を聞いて終わりだったという。「友人から中国の恐ろしい胃がん検査の話を聞いていた」だけに、痛くも怖くもなく、スムーズで待ち時間もなくて「とても素晴らしい体験ができた」と絶賛している。

 この記事に対して、中国の病院は「長い列ができていて、軍隊のよう。ロビーは生鮮市場よりもにぎやかだ」とうんざりするコメントや、がんがこれほど多いのは「汚染された食べ物」のせいではないかと指摘するコメントが寄せられた。日本は、がんの予防・治療ともにかなり進んでいる国と言えるだろう。日本への医療ツーリズムが近年増加してきているが、今後はますます増えていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本を見くびってはいけないとの主張に、中国ネット「見くびるなどできるはずがない」
日本の製造業が中国に「完敗」だと? 中国ネット「圧勝しているのは日本だ」
そうだったのか! 日本のお金が世界有数の「清潔さ」である理由=中国報道
ベトナムで大成功を収めたはずの中国バイク、「なぜ日本に惨敗したのか」=中国報道
日本の新型コロナ対策「やり方が甘いと嘲笑する声が消えた」=中国報道

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。