日本製エンジンと中国製エンジンの差は、たった1本のネジに対する姿勢から始まる=中国メディア 

日本製エンジンと中国製エンジンの差は、たった1本のネジに対する姿勢から始まる=中国メディア 
中国メディアは、定評のある日本製自動車エンジンと中国の国産エンジンとの差は「たった1つのネジ」に対する姿勢から始まるとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は28日、定評のある日本製自動車エンジンと中国の国産エンジンとの差は「たった1つのネジ」に対する姿勢から始まるとする記事を掲載した。

 記事は、日本の自動車メーカーが業界のトップに君臨するのは、先進的な技術があるからではなく、抜群の信頼性があるからだと紹介。日本人は自動車づくりにおいて細かい部分にまで注意を払っており、1本のネジから慎重かつ丁寧に組み立てることで、各部品や自動車全体の信頼性や安定性を保証しているのだとした。

 そして、今では日本製のエンジンは中国国内の消費者からも丈夫で長持ちであることから信頼を得ており、その根源は日本人のまじめな性格にあると説明。これまでに中国のネット上では「日本のエンジンは低温で組み立てるので、熱膨張の原理によりオイル漏れを防いでいる。だから丈夫で長持ちなのだ」という説が流れたが、これはあくまでも「うわさ」に過ぎないと伝えている。

 そのうえで、「認めなければならないのは、質の高い製品を作る根本にあるのが、日本人がいかなる瑕疵をも見逃さないことなのだ。生産ライン上の欠陥をはっきりと認識し、改善することで、信頼性を最大限保証しているのである」と論じた。

 記事は「1本のネジの背後にあるのは、自動車づくりに対する姿勢の差」であり、ネジ1つ大切にできなければいいエンジンは作れない、という日本人の考え方に「敬服せざるを得ない」と結んでいる。

 中国から取り寄せた電子製品などを手に取ってみると、バリが残っていたり、必要以上に塗られたグリスがはみ出していたり、部品が簡単に取れてしまったりという「作りの粗さ」を感じることがしばしばある。見た目が非常にきれいであっても、分解してみると中の配線が乱雑だったということもある。記事が指摘しているのはまさにこういった点の問題であり、目に見えない部分の仕事、心がけこそが製品全体の質の向上につながるということなのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
実際に行ってみなければ分からない、そして行って驚く日本の清潔さ=中国メディア 
東京五輪延期で、日本市場で絶好のチャンスを逃した韓国企業=中国メディア
熱帯フルーツのバナナ、日本人が北海道での栽培に成功した!=中国メディア 
東京は日本の首都だが、中国にも「東京」という小さな街があるのを知っているか?=中国メディア
日本のお年寄りは、どうしてこんなに若々しくて元気な人が多いの?=中国メディア 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。